第33回セザール賞ノミネート発表! 『秘密』と『エディット・ピアフ』の行方は?

最新ニュース

『秘密』
  • 『秘密』
フランス版アカデミー賞とも呼ばれ、フランスで最も権威のある映画賞として知られるセザール賞。今年で第33回目を迎える同賞のノミネートが1月25日(金)に発表された。

注目すべき作品が2作品。まずは、第31回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞、さらにフランス映画祭での上映も決まっているクロード・ミレール監督作『秘密』(写真)。本作は、作品賞、主演女優賞(セシル・ドゥ・フランス)、助演女優賞(ジュリー・ドパルデュー、リュディヴィーヌ・サニエ)を含む、10部門にノミネートされた。もう1作品は、米アカデミー賞でも3部門にノミネートされ、本映画賞にて11部門という最多ノミネートを記録した『エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜』

3,400人を超える選定委員の投票によって決められる本映画賞。『秘密』『エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜』、どちらが最多受賞作品の座に就くのか!? 授賞式は、現地時間の2月22日夜、フランス・パリのシャトレ劇場にて行われる予定だ。


主要部門のノミネートは以下の通り。(※フランス映画祭上映作品)

作品賞
『エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜』
『秘密』
『潜水服は蝶の夢を見る』
『ペルセポリス』
『The Secret of the Grain』(原題)

監督賞
オリヴィエ・ダアン『エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜』
クロード・ミレール『秘密』
ジュリアン・シュナーベル『潜水服は蝶の夢を見る』
アブデラティフ・ケシシュ『The Secret of the Grain』(原題)
アンドレ・テシネ『The Witnesses』(原題)

主演女優賞
マリオン・コティヤール『エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜』
セシル・ドゥ・フランス『秘密』
イザベル・カレ『Anna M』(原題)
マリーナ・フォワ『Darling』(原題)
カトリーヌ・フロ『地上5センチの恋心』

有望若手女優賞
アデル・へネル『水着のつぼみたち (仮題)』
ルイーズ・ブラシェール『水着のつぼみたち (仮題)』
オドレー・ダナ『Roman de gare』(原題)
ハフシア・ヘルゼ『La graine et le mulet』(原題)
クロティルド・ヘスム『Les chansons d'amour』(原題)

助演女優賞
ジュリー・ドパルデュー『秘密』
リュディヴィーヌ・サニエ『秘密』
ノエミ・ルボフスキー『Actresses』(原題)
ビュル・オジエ『Let's Dance!』(原題)
シルヴィー・テステュー『エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜』

有望若手男優賞
ニコラ・カザレ『食料品屋の息子』
グレゴワール・ルプランス=ランゲ『The Witnesses』(原題)
ヨハン・リベロ『Les témoins』(原題)
ジョソラン・キブラン『99F』(原題)
ロラン・ストカー『Ensemble、c'est tout』(原題)


フランス映画祭2008
http://www.unifrance.jp/festival/
<東京会場>
期間:3月13日(木)〜16日(日)
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
<大阪会場>
期間:3月16日(日)〜18日(火)
会場:TOHOシネマズなんば
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top