ミシェル・ウィリアムズの次回作の撮影が延期に

最新ニュース

1月9日にスウェーデンで行われた『Mammoth』の記者会見にて。左から、ソフィ・ニウェイド、ミシェル・ウィリアムズ、ルーカス・ムーディッソン監督、マリフェ・ネセシト、ガエル・ガルシア・ベルナル -(C) AFLO
  • 1月9日にスウェーデンで行われた『Mammoth』の記者会見にて。左から、ソフィ・ニウェイド、ミシェル・ウィリアムズ、ルーカス・ムーディッソン監督、マリフェ・ネセシト、ガエル・ガルシア・ベルナル -(C) AFLO
22日に急逝したヒース・レジャーの葬儀が24日にニューヨークで、翌25日にロサンゼルスで身内だけで営まれた。元婚約者のミシェル・ウィリアムズは最新作『Mammoth』(原題)の撮影地・スウェーデンから帰国し、ヒースとの間にもうけた2歳になる愛娘と参列したが、今週になり、彼女の次回作の撮影が延期になったことが明らかになった。

People誌によると、ミシェルは2月25日から若いカップルの結婚生活を描く『Blue Valentine』(原題)の撮影に入る予定だったが、突然の悲報に大きなショックを受けている彼女を慮って、製作側がクランクイン延期を決定した。彼女の夫役にキャスティングされているのはライアン・ゴズリング。実は昨年末から、ニューヨークの街ではミシェルとライアンが一緒に歩く姿が目撃され、交際のうわさも出始めていた。

製作側は、2人を念頭において企画した映画なので、彼女の心の準備が整うまで、いくらでも待つと話している。ミシェルがヒースの訃報を知らされたのは『Mammoth』(原題)の最後の出演シーンを撮り終えた直後だったという。



1月9日にスウェーデンで行われた『Mammoth』(原題)の記者会見にて。左から、ソフィ・ニウェイド、ミシェル・ウィリアムズ、ルーカス・ムーディッソン監督、マリフェ・ネセシト、ガエル・ガルシア・ベルナル。

© AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top