玉木宏「仲間はずれって言うな!」『KIDS』現場では小池徹平&栗山千明が仲良し?

最新ニュース

『KIDS』初日舞台挨拶にて(左から)荻島達也監督、玉木宏、小池徹平、栗山千明
  • 『KIDS』初日舞台挨拶にて(左から)荻島達也監督、玉木宏、小池徹平、栗山千明
  • 『KIDS』初日舞台挨拶 小池徹平
  • 『KIDS』初日舞台挨拶 玉木宏
純粋であるが故に心に傷を抱える主人公・アサトと、アサトと出会ったことで孤独な過去から解放されるワイルドな青年・タケオの友情を描いた『KIDS』。その幅広い作風で人気の作家・乙一の短編小説「傷─KIZ/KIDS─」を原作とした本作が2月2日(土)に公開初日を迎え、アサトを演じた小池徹平、タケオ役の玉木宏のほか、栗山千明、荻島達也監督が舞台挨拶に登壇した。

「メッセージ性の強い映画なので、みなさんそれぞれ感じてもらって、何か良いものを持って帰ってほしいです」と挨拶した小池さん。満員の観客からの盛大な歓声で迎えられて満面の笑みがこぼれていた。小池さん自身が映画を観て、どんなところに感動したかという質問には、「最後の交通事故のシーンがすごく印象に残ってます。特にタケオの“肉親より強いものがあるんだ”というセリフは、アサトだけじゃなくて、小池徹平的にも伝わってくるものがあって、改めて、近くにいる友達を大切にしたいという気持ちになりました」と語ってくれた。玉木さんとの共演について聞いてみると「アイスクリームとかを玉木さんにおごっていただいた思い出があります(笑)。じゃいけんして勝ったんですけど」とコメント。すかさず玉木さんが「じゃいけんって何? じゃんけんでしょ」と突っ込むと…「じゃいけんです! 弱いんですよ、すごく」とごり押ししながら、「今日もじゃんけんしたんですけど、100%勝ってますからね」とのこと。やっぱり“じゃんけん”が正しいんですね。

アサトとタケオと仲良くなる女性・シホを演じた栗山さん。「私はどちらかと言うと、誰かが死んじゃうストーリーとか殺しちゃったりする作品に出ることが多いので(笑)、今回は心が洗われるというか、私自身に新たな感情が生まれた気がします」と本作へ参加した感想を語ってくれた。小池さんと玉木さんについては、「私はたまにご一緒させていただくくらいだったんですが、徐々にお二人の距離が縮まっているのを感じて、いいなあと思った」そう。「3人で会話した記憶があまりないんです。どちらかと言うと、マンガの話を徹平くんと私でしていて、玉木さんが聞いていたりとか」という栗山さんのコメントに玉木さんが「聞いてなかったけどね。分からないから」と一言。それに対して小池さんが「仲間はずれだったね」と言えば、「仲間はずれって言うな!」と玉木さん。3人の現場での雰囲気が感じられるような和やかなやりとりが交わされていた。

先ほど“じゃんけんが弱い”と暴露(?)されていた玉木さんは、傷害罪で逮捕された過去を持ち、孤独な日々を過ごしていたタケオを演じた。「改めて友情の大切さというものが分かる作品だと思うので、どこにというより、全体を通して感動しました。辛い時には人に頼れと言いますが、頼るということはなかなか難しいことだとも思います。でも人は一人では生きていけないんだということを改めて感じられる映画です」と作品について語ってくれた。「小池くんがふ菓子を食べてくれなかった」ことを根に持っているようで(笑)、ことごとく言及していた玉木さん。「食べましたよ、パサパサのふ菓子!」という小池さんの返しにも「それは車の中に置きっぱなしにしておくからでしょ!」とバッサリ。本日のムードメーカー的な雰囲気だったが、撮影現場でもこんな感じだったのかもしれない。

『きみにしか聞こえない』に続く乙一原作作品となる荻島監督は、「自分が観たい映画を作ることが出来て幸せだなと思います」と挨拶。「ストーリーに少し重たい部分もありますが、メイキングのDVDを見たら、みなさんが楽しく仕事をしてくださったみたいなのでホッとしています」とのこと。今日は、「とても緊張しています」と言うが、言葉が少ないながらも、本作への愛情が感じられた。しかし、「みなさんの良い顔が撮れたという感じですか?」というMCのコメントには「そうですね。でも、僕じゃなくても撮れたかも」と控えめな答え。ここで玉木さんが再び「そんなことないですよ!」と力強くフォローをしていた。

最後に、節分の前日ということで、キャストから豆まきならぬハート形の飴まきが行われ、舞台挨拶は幕を閉じた。

小池さんと玉木さんがそれぞれ、これまでのイメージとは違う顔を見せてくれる『KIDS』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top