ストーンズ旋風で熱狂! ベルリン国際映画祭、史上最大スケールで華やかに開幕

最新ニュース

ベルリン国際映画祭開幕! 肩を並べるマーティン・スコセッシ監督とザ・ローリング・ストーンズ
  • ベルリン国際映画祭開幕! 肩を並べるマーティン・スコセッシ監督とザ・ローリング・ストーンズ
世界三大映画祭の一つ、今年で第58回目を迎えるベルリン国際映画祭が、2月7日(現地時間)夜、ついに開幕した。オープニング作品に選ばれた『シャイン・ア・ライト (原題)』の上映に合わせ、マーティン・スコセッシ監督と彼が映した伝説のロック・バンド、ザ・ローリング・ストーンズの4人が現地入りし、記者会見とオープニング・セレモニーに登場した。

世界的スーパースターとあって、セレモニー前に行われた記者会見は、240台ものカメラが並び、200人以上の記者が場内からあふれるという、常識の範囲を超える事態の中スタート。ローリング・ストーンズの熱狂的なファンである巨匠・スコセッシが、アカデミー賞受賞スタッフを集め、2年前に行われた彼らのコンサートの全体像から舞台裏まで、密着した本作。「ストーンズの音楽は僕の人生の一部。自分の映画の根底に流れるもの、インスピレーション。40年前にライブを観てからずっと、ストーンズの映画を作りたいと思っていた。彼らの曲はタイムレス。この映画を作ることで若返ったよ」とスコセッシは明かす。監督曰く、ドキュメンタリー作品が国際映画祭のオープニングを飾るのは初めてだとか。そんな本作について「ドキュメンタリーではなく、パフォーマンスの瞬間をとらえた琥珀のような、クリエイティブな作品。映画をやりたいとずっと思っていた」とミック・ジャガー。キース・リチャーズの口からも「スコセッシが僕らの音楽を多用してきたから、彼との絆が生まれたんだ」と語られ、監督との長きにわたる相思相愛が明かされた。

続いて、黒のスーツに衣裳替えし、メイン会場に敷かれたレッドカーペットへと移動した一同。こちらも300人もの報道陣に加え、会場周辺には5,000人を数えるファンが詰めかけた。「ストーンズ!」コールの嵐が巻き起こる中、メンバーが姿を現すと、会場は一気にヒートアップ! 満員の観客席はスタンディング・オベーションとなり、ダイアン・クルーガーら審査員までもがファンの顔となり、あらためて彼らの圧倒的な人気が実証された。さらに、この日行われたプレス試写にても、急遽別スクリーンが設けられるなど、全てにおいて異例のスケールで映画祭は幕を開けた。

先陣切って、寒さを吹き飛ばす熱い風をベルリンに送り込んだ『シャイン・ア・ライト (原題)』。日本での公開は冬、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top