日本映画の巨匠の偉業を偲ぶ 日本映画専門チャンネル<追悼 監督・市川崑>放送

最新ニュース

『市川崑物語』 -(C) 2006「市川崑物語」製作委員会
  • 『市川崑物語』 -(C) 2006「市川崑物語」製作委員会
『ビルマの竪琴』や『黒い十人の女』、『四十七人の刺客』など数多くの名画を世に送り出してきた巨匠・市川崑が、2月13日(水)、享年・92歳、都内の病院で息を引き取った。日本映画専門チャンネルでは、戦後の日本映画の隆盛に多大なる貢献を残した監督の偉業を偲び、<追悼 監督・市川崑>と題して、市川監督作品を追悼放送することが急遽決定した。

92年という大往生で、最後まで日本映画界の一線に立ち、現役で映画を撮り続けた市川監督。彼の独特な映像表現は、いまの映画界の中心を担う輩たちにも多大な影響を及ぼした。岩井俊二監督も、その中の一人。そんな彼が、これまで語られることのなかった市川監督の半生を追ったドキュメンタリー『市川崑物語』は、2月24日(日)に放送される。また、『犬神家の一族』('06)も同日に放送。市川監督の傑作としてやはり外せないのが金田一耕助シリーズ。1976年に製作され、その巧みな映像美とテンポが大ヒットを呼んだ『犬神家の一族』を、30年の時を経て豪華キャストで再び撮った傑作が登場する。

ほかにも、同チャンネルでは<監督 市川崑の映画たち>と題して、毎週金曜22時より市川監督作品をレギュラー放送中。2月15日(金)には三島由紀夫の「金閣寺」を映画化した『炎上』('58)、29日(金)には『破戒』('62)など、白黒の不朽の名作が続々と登場する。さらに、姉妹チャンネルの時代劇専門チャンネルでは、幾度にわたって映画化された人気時代劇で、市川監督の『雪之丞変化』('63)が2月17日(日)に放送される。改めていま、市川崑が日本映画史に刻んでいった感動を目に焼きつけたい。

<追悼 監督・市川崑>
http://www.nihon-eiga.com/0802/0802_8.html

『市川崑物語』2月24日(日)17:00〜
『犬神家の一族』2月24日(日)19:00〜

「市川崑物語」© 2006「市川崑物語」製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top