マドンナ、処女作を引っさげてベルリン国際映画祭で長編映画監督デビュー

最新ニュース

ベルリン国際映画祭のフォトコールに登場したマドンナ -(C) Splash/AFLO
  • ベルリン国際映画祭のフォトコールに登場したマドンナ -(C) Splash/AFLO
開催中のベルリン国際映画祭で13日、マドンナが初めてメガホンを取った長編映画『Filth & Wisdom』(原題)がコンペティション外のパノラマ部門に出品、ワールドプレミア上映され、マドンナと主演俳優たちがレッドカーペットに登場した。

本来短編の目的で作られた作品は、結局81分の長編映画に。ロンドンを舞台に、3人の男女のルームメイトがそれぞれの夢の実現に向けてがんばるというストーリーで、マドンナ自身の自伝的内容になっている。ニューヨークを拠点に活動するジプシーパンクバンド「ゴゴール・ボルデロ」のフロントマン、ユージン・ハッツ(昨年「ライブ・アース」でマドンナと共演)らが出演する。マドンナ自身は出演していない。

夫で映画監督のガイ・リッチーからは撮影前にアドバイスを受け、「自信を持つことが一番大切だと教わった」と言う。マドンナは、ロイターテレビの取材で、映画製作については「決して1回限りのものではない」と宣言。5月のカンヌ国際映画祭で、最近、孤児支援問題で力を注いでいる、マラウイ共和国についてのドキュメンタリー作品を公開する計画もあるという。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top