ジョナサン・L・マイヤーズ、IFTAで主演男優賞受賞、チャリティ活動にも意欲的

最新ニュース

IFTAのアフターパーティに彼女を伴って出席したジョナサン・リース・マイヤーズ -(C) AFLO
  • IFTAのアフターパーティに彼女を伴って出席したジョナサン・リース・マイヤーズ -(C) AFLO
17日にアイルランドのダブリンで、アイルランド映画テレビ賞(IFTA)授賞式が行われ、ジョナサン・リス=マイヤーズが、主演のTVシリーズ「The Tudors」でTV部門主演男優賞を受賞した。ジョナサンが若き日のヘンリー八世を演じる「The Tudors」はこのほかにTV部門助演女優賞(マリア・ドイル・ケネディ)、同助演男優賞(ニック・ダニング)、衣裳、美術、ヘアメイクの各賞を制した。

昨年11月に母親が50歳の若さで亡くなった前後にはロンドンやダブリン市内で憔悴した姿を目撃されたジョナサンだが、だいぶ落ち着きを取り戻したようで、慈善団体のホープ・ファウンデーションの国際親善大使を務めることも発表した。

ジョナサンはインドのカルカッタを訪問し、ストリート・チルドレンたちの窮状を訴えるドキュメンタリーに出演する予定。

IFTAでは、ダニエル・デイ=ルイスが『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』で国際俳優賞を受賞、『つぐない』のシアーシャ・ローナンが新人賞にあたるライジング・スター賞と助演女優賞をW受賞、また、米国とアイルランドのパスポートを持つメル・ギブソンが映画界への貢献に対する功労賞に輝いた。



リーナ・ハマーを伴ってIFTAのアフター・パーティに顔を出したジョナサン。

© AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top