ハリセンボンが「モンティ・パイソン アカデミー」入試に挑戦…関根勤学長の判定は?

最新ニュース

「空飛ぶモンティ・パイソン」日本語吹替復活DVD BOX 発売を記念して行われた“モンティアカデミー公開入学試験”学長の関根勤とハリセンボンの2人
  • 「空飛ぶモンティ・パイソン」日本語吹替復活DVD BOX 発売を記念して行われた“モンティアカデミー公開入学試験”学長の関根勤とハリセンボンの2人
  • 試験のためにショートコントも披露したハリセンボン
  • :「空飛ぶモンティ・パイソン」
あのジョン・レノンをして「生まれ変わったらビートルズではなく彼らの一員になりたい」とまで言わしめた、イギリス生まれの最強のコメディ・チーム“モンティ・パイソン”。世界中で大人気を博した彼らの伝説的TV番組「モンティ・パイソンズ・フライング・サーカス」を、1976年より12チャンネル(現・テレビ東京)が日本を代表する声優陣を迎えて日本語吹き替え版として放送したのが「空飛ぶモンティ・パイソン」である。このたび本作がDVDでよみがえったことを記念し、“モンティ・パイソン アカデミー”が開講され、関根勤が学長に就任。2月19日(火)には関根学長の下で公開入学試験が行われ、近藤春菜と箕輪はるか(ハリセンボン)が受験に臨んだ。

1月に関根さんが学長に就任した折から、アカデミーへの入学を熱望していたハリセンボンの2人。だが、学長にはなぜか「叶姉妹のお2人も来ています」と紹介されてしまう。春菜さんが「叶姉妹じゃねーよ!」とすかさず突っ込むも、学長はどこ吹く風。続いて「マイケル・ムーア監督とエジプトの壁画さんです」、挙句の果てに「指切りげんまんさんです」と紹介される始末。こうして火ぶたが切って落とされた入学試験。まずは面接試験として、ハリセンボンが学長と会場につめかけた観客を前にショートコントを披露すると、学長はこれを絶賛。学長によると「すでにモンティ・パイソンの匂いがしますね。無意識のうちにパイソンが染み付いてる感じ」とのこと。これにはハリセンボン、「あぁ、無意識パイソン?」と得意げ。

続いては、“バカ歩き(silly walk)”と呼ばれるモンティ・パイソン独特の間抜けな歩き方を学長自らが2人に伝授。学長は実演を交えながら、春菜さんには“現役時代の癖が抜けず、つい相撲の稽古のような歩き方になってしまう親方”、はるかさんには“歩く壁画”を教えるが、2人はこれも難なく習得。ちなみに学長自身は、得意の千葉真一のモノマネを入れながらのバカ歩きで会場の笑いを誘った。

さらに試験は筆記問題へ。モンティ・パイソンのコントを途中まで見てその落ちを予想するというもの。春菜さん、はるかさんはあれこれ予想を立てるも、本家本元のパイソンが放つ、あまりに急展開でシュール過ぎるオチに脱帽。そもそもコントのタイトルが「フルーツから身を守る方法」というのだから、その突飛さは推して知るべし…。

さて、全ての試験を終えて合否発表。関根学長によるハリセンボンの判定は——「合格です!」。学長は2人の入学証書を手渡し「ほかのいろいろな芸人が“飛び道具”を使用する中で、ハリセンボンには伝統的な漫才で勝負ができる地力の強さを感じます。地味だけど強い、“お笑い界のヒョードル(人類最強と謳われたロシアの格闘家)”を目指してほしい」とエールを送った。試験を終えて春菜さんは「私が生まれる前の作品ですけど、すごく勉強になりました。動きやネタをコントに取り入れたい」とコメント、はるかさんも「ネタを盗んでいつか私たちもDVDをリリースできるようになりたいです」と決意を語った。これには学長も「DVD出すときは、僕が副音声で解説入れます」と約束。最後に関根学長は、観客からの「もし日本でモンティ・パイソンを作るなら?」という質問に答える形で「マイケル・ペイリンにはウッチャン(内村光良)、エリック・アイドルは“おぎやはぎ”の矢作くん、ウド鈴木を入れたいですね。彼は天才ですからね…」と独自のモンティ・パイソン構想の一部を披露。今回のDVDリリースをきっかけに“日本版モンティ・パイソン”が誕生する日が来るかも?

「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX(7枚組)
発売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
価格:31,290円(税込)
発売中
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top