脚本家協会ストライキの犠牲者とは?

最新ニュース

3年ほど前に来日した「24」のカルロス・バーナードとリーソル
  • 3年ほど前に来日した「24」のカルロス・バーナードとリーソル
先日のコラムで脚本家協会のストライキが正式に終了したことをお伝えしました。2月24日(現地時間)に行われるアカデミー賞授賞式を楽しみにしている私たちにとっては素晴らしいニュースですね。

でも、この業界が3か月もストライキをしていた影響はまだまだありそうです。

L.A.での一番の話題はアカデミー賞授賞式の脚本家は、たったの2週間しか時間がないということ。この間に、MCであるジョン・スチュワート、そして多くのプレゼンターたちのためにスクリプトを準備しなければならないのです(通常は少なくとも数か月かかる作業なんです)。

また、人気の高いTVドラマの一つ「24」についても、数日前にこのストライキを理由に、2009年1月まで新しいエピソードを放映しないことが発表されました。

「24」は今年の1月から最新シーズンが放映される予定だったのですが、メインキャラクターのキーファー・サザーランド(ジャック・バウアー役)が数週間前まで飲酒運転で刑務所に収監されていましたし、ストライキの影響も重なり、FOX(「24」の放送局)は新シーズンの放映を1年待つことにしたそうです。

実際にはすでに8エピソードの撮影が終了しているようですが、おそらく心機一転、2009年から新たに放映する方が良いと決めたのでしょう。「24」のファンにとっては、嬉しいニュースではありませんが、ドラマ好きの人にとってはさらに悪いニュースも。いろいろなTV局で新番組や新シーズンを放映できないといううわさです。

ところで、「24」と言えば、先日友達とビバリーセンター(ハリウッドスターもよく訪れるショッピングセンターです)にあるキングス・ロード・カフェでコーヒーを飲んでいたら、「24」のトニー・アルメイダ役の俳優さんを見かけたんです! 彼の名前はカルロス・バーナード。3年くらい前にFOX TVの仕事で彼にインタビューしたことがあります。彼は本を片手にシリアルを注文し(朝でしたからね)、座った途端に読書に夢中になっていました。キングス・ロード・カフェはCBS(テレビ放送局)のスタジオのすぐ近くにあるんです。だからきっと新しい番組か何かの打ち合わせだったんじゃないかしら?

また何か情報があったらお知らせしますね。お楽しみに!



《text:Lisle Wilkerson》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top