夏帆「女の子なら分かってもらえると思う」携帯が繋ぐ100年の恋『東京少女』

最新ニュース

『東京少女』初日舞台挨拶にて(左から)小中和哉監督、福永マリカ、佐野和真、夏帆、秋本奈緒美、近藤芳正、丹羽多聞アンドリウ
  • 『東京少女』初日舞台挨拶にて(左から)小中和哉監督、福永マリカ、佐野和真、夏帆、秋本奈緒美、近藤芳正、丹羽多聞アンドリウ
  • 『東京少女』初日舞台挨拶にて 夏帆
  • 『東京少女』初日舞台挨拶にて 佐野和真
ふとしたはずみに落としてしまった携帯が明治時代の男性の手元に届いた。平成と明治、100年の時を超えて出会った2人が紡ぐ、切ない恋心を描いた『東京少女』。本作が2月23日(土)に初日を迎え、主演の夏帆を始め、佐野和真、福永マリカ、秋本奈緒美、近藤芳正の出演陣と小中和哉監督、そしてプロデューサーの丹羽多聞アンドリウが舞台挨拶に登壇した。

本作が本格的なラブストーリー初挑戦となる夏帆さん。「すごく不思議なストーリーなんですけど、“ああ、分かるな”と共感できる部分、特に女の子なら分かっていただけるのではないかなという気持ちをすごく大事にしながら撮影しました。すごく素敵なストーリーになっていると思いますので、楽しんでいただければ嬉しいです」と本作について語った。若手・ベテラン俳優がバランス良く揃った本作だが、共演者については「ほとんど一人だったので、寂しかったです(笑)。なので、お母さん役の秋本さんとご一緒させていただいたときは、その分嬉しかったです」とのこと。確かに、100年向こうの時次郎(佐野さん)との電話での会話シーンが多い。そんな夏帆さんに監督も、「夏帆ちゃんは電話をするシーンが多かったので、セリフも多くて大変だったと思うんですが、現場での集中力がすごくて感心しました。佐野くんと電話で話すシーンはなるべく佐野くんに横にいてもらって、携帯電話も実際に繋いで、実際に2人が会話するということを心がけてやりました。で、顔を合わせてはいないんだけど、隣の部屋にいるという距離感で2人は芝居しておりましたが、その甲斐あって、かなり自然なお芝居が出来たんじゃないかと思います」と絶賛した。

夏帆さん演じる未歩の母・妙子を演じた秋本さんは「年を重ねると、泣くことや笑うことが、若い子に比べて少なくなってくるんですが、この作品を観て、忘れていた何か、キュッとしたもの、温かいものがこみ上げてきました。“みずみずしい”という言葉を改めて感じることが出来ました。すごく温かい良い作品になっています」。妙子の婚約者・塩見を演じた近藤さんは「爽やかじゃない私が言うのも何なんですが(笑)、清らかな心になれる。もちろん男女の愛もそうなんですが、それ以外の愛、人を愛することの愛、相対的な大きな愛ですね。まあ愛が足りない僕が言うことじゃないんですが(笑)。それに満ちあふれている映画です。みなさん、その愛をいっぱい受け取って帰ってください」と、ベテラン陣は口を揃えて本作の“爽やかさ”を強調し、作品をアピールした。

明治時代にいる時次郎を演じた佐野さん。「この作品を観たときに、本当に自分の中でもうるっと来た瞬間があって、そういうのをみなさんに分かってもらえるとすごく嬉しいです」と挨拶。夏帆さんと同じく、共演陣について聞かれると「僕も本当に一人で、最初に少しだけマリカちゃんと一緒だったんですけど、寂しかったですね。一人だけでいるのは(笑)」だそう。監督からは「明治の男の子という難しい役割だったと思うんですが、素直な男の子を好演してくれたと思います」と高評価だった。

時次郎の妹・あき子役の福永さんは「これからこの『東京少女』をたくさんの方に観ていただけることに本当にワクワクしています。楽しんでいってください。明治時代の女性役ということで、監督といろいろ話しながら、あき子を作っていきました」と撮影をふり返った。

これまでにも数多くの夏帆さん出演作をプロデュースしてきた丹羽多聞さんが「いろんな恋愛モノの映画があると思うんですが、携帯電話を使って、2人が会わないのに、すごく切ない、泣ける映画は日本に類を見ないと思います。とても素敵な映画に仕上がりました」と自信を持って薦める『東京少女』は新宿トーアほかにて全国順次公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top