21歳のオスカー候補女優、エレン・ペイジの新作はキリアン・マーフィとの共演作

最新ニュース

インディペンデント・スピリット賞に出席したエレン・ペイジ -(C) Reuters/AFLO
  • インディペンデント・スピリット賞に出席したエレン・ペイジ -(C) Reuters/AFLO
10代の妊娠というテーマを、これまでになかった視点で爽快な青春映画にしてみせた『JUNO/ジュノ』はインディーズ作品ながら今年のオスカーでも4部門にノミネートされ、大きな注目を浴びた。見事に脚本賞を受賞したディアブロ・コディが受賞スピーチで「あなたはスーパーヒューマンよ」と賞賛したのが主演のエレン・ペイジ。

そのペイジの次回作が、キリアン・マーフィと共演のサイコ・スリラー『Peacock』(原題)に決定した。ネブラスカ州にあるピーコックという名の小さな町で、多重人格者の男が自分の分身2人が夫婦だと周囲の人間に信じ込ませる。この男をマーフィが演じ、ペイジは彼の過去を知る、悩み多き若い母親で、分裂した人格と戦うというストーリー。

監督はこれがデビュー作となるマイケル・ランダー。ライアン・ロイと共に共同で脚本も手がける。撮影開始は5月を予定している。



オスカー前日に開催されたインディペンデント・スピリット賞に出席したペイジ。

© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top