なぜ日本に!? ヒラリー&オバマ、レッドカーペットで早くも白熱バトル!

最新ニュース

『バンテージ・ポイント』ジャパン・プレミアにて “ヒラリー(c)&オバマ(松下アキラ)”と青島刑事(山本高広)
  • 『バンテージ・ポイント』ジャパン・プレミアにて “ヒラリー(c)&オバマ(松下アキラ)”と青島刑事(山本高広)
国際サミットの壇上で、米大統領が何者かに暗殺された。狙撃の瞬間を目撃したのは、国籍も職業も異なる8人の男女——。デニス・クエイド、マシュー・フォックスら一流キャストを配し、8つの異なる視点から大統領暗殺の真相に迫る、注目のサスペンス・アクション『バンテージ・ポイント』。3月8日(土)に公開される本作のジャパン・プレミアが2月27日(水)に開催された。映画さながらに、シークレットサービスとして本物のセキュリティが警護につくという厳戒態勢の中、多くの著名人ゲストがレッドカーペットに登場した。

“大統領”と言えば、話題のこの2人。この日メインのゲストとして、コント集団「ザ・ニュースペーパー」の福本ヒデと松下アキラ扮する米大統領候補“ヒラリー&オバマ”の両氏が揃って会場に到着すると、会場は一気にヒートアップ! 日米の国旗を振って盛大に出迎えると、2人もにこやかに観客の歓声に応じた。そしてこの日のもう一人の主役はこの人。ヒラリー&オバマという超VIPを迎えるにあたってジャパン・プレミア警護の総責任者に任命された、織田裕二のモノマネでおなじみ、山本高広扮する「踊る大捜査線」の青島刑事。途中、一般人がレッドカーペットに紛れ込んでしまい、青島が「室井さん、レッドカーペット封鎖できません!」と檄を飛ばし会場がヒヤヒヤする一幕も。しかし当の“ヒラリー&オバマ”はというと、日本のシークレットサービスの質を褒め称えながらも、「私には資金力がある」(オバマ)、「涙の量では私のほうが上よ」(ヒラリー)と、来週に迫った3月4日の決戦日“スーパーチューズデー”に向けて、イベントそっちのけでバトルを交わす始末…。とにもかくにも、青島はゲストを警護するという任務を無事に全うできたようだ。

そのほかレッドカーペットを、ゴージャスなドレスをまとった叶姉妹、デヴィ夫人、デーブ・スペクターら国内外からの著名人が歩き、大歓声を受けていた。全米では2月22日(金)に公開され、初登場にして堂々の1位を記録した本作。まさに、大統領選の白熱ぶりを象徴することとなった。ここ日本でも早くも盛り上がりを見せる『バンテージ・ポイント』は3月8日(土)よりサロンパス ルーブル丸の内ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top