ジェマ・ウォードが出演作のプレミアに出席。ヒース・レジャーの死後、久々に公の場に

最新ニュース

ヒース・レジャーの死後、久々に公の場に姿を現したジェマ・ウォード(右) -(C) Getty Images/AFLO
  • ヒース・レジャーの死後、久々に公の場に姿を現したジェマ・ウォード(右) -(C) Getty Images/AFLO
日本でコーセーのCMにも出演しているオーストラリア出身のスーパーモデル、ジェマ・ウォードが女優として出演した映画『The Black Balloon』(原題)のオーストラリア・プレミアがシドニーのデンディ・オペラ・キーズで行われ、ジェマは家族を伴って出席、恋人役のリス・ウェイクフィールド、ルーク・フォード、エリック・トンプソンら共演者と再会した。

ジェマは1月に急逝したヒース・レジャーと同郷で、彼の最後の恋人と言われている人物。彼の死の直後に彼女は拠点にしているニューヨークから帰国。2人の故郷であるパースで行われたヒースの告別式にも出席し、その後は静かに喪に服していた。

「オーストラリアにいられることは素晴らしいわ。ジャングルの中に住んでいるから、そこを散歩したり、いろいろなことをして過ごしたの。ニューヨークに戻るのは、ショックになると思う」とヒースの死後に受けたインタビューで語ったというジェマ。久々に公の場に顔を見せた彼女の表情はまだ少し固かった。

『The Black Balloon』は今年のベルリン映画祭にも出品された青春映画で、ジェマは自閉症の兄を持つ高校生の主人公のガールフレンドを演じている。



オーストラリア・プレミアに出席したリス・ウェイクフィールド(左)とジェマ。

© Getty Images/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top