「熱いの大好き」35歳のゴリが長ラン&アフロで18歳の高校生に!『うた魂♪』

最新ニュース

『うた魂♪』ゴリ photo:Yoshio Kumagai
  • 『うた魂♪』ゴリ photo:Yoshio Kumagai
  • 『うた魂♪』ゴリ photo:Yoshio Kumagai
  • 『うた魂♪』ゴリ photo:Yoshio Kumagai
才能と美貌に恵まれ、歌っているときの自分が大好きな七浜合唱部員・かすみ。しかし、彼女はプライドをボロボロにされ、自信を失ってしまう。それでも、いまの自分に大切なこと、そして合唱の魅力に改めて気づき、今度はがむしゃらに“合唱”に打ち込む姿を描いたポジティブな青春映画『うた魂(たま)♪』。本作でかすみが立ち直るきっかけになったのが、湯の川学院高校のヤンキー合唱部、部長の権藤洋。尾崎豊の「15の夜」を“魂”たっぷりに歌い上げる権藤さん=ゴリに話を聞いた。

本作出演について、最初は「深夜番組のドッキリかと思った」と笑う。
「打ち合わせのときにカメラ探しましたもん。でも、普通に打ち合わせが終わったので、“35歳で2人の子供がいる男が高校3年生を演じていいんだ!”って。でも次の打ち合わせに行ったら、この学ランとカツラが用意されていて…。やっぱり、ドッキリじゃないかと心配になりましたよ(笑)」。

TV番組などのコントではよく、こうした格好をするが、映画で、しかも真面目なシーンをこの衣裳で大丈夫なのか不安だった。
「この衣裳じゃ、ほぼ具志堅用高さんですからね(笑)。相当なコメディかパロディの映画なのかと思っていたら結構熱い青春群像で。しかもチョイ役なのかと思っていたら、重要な役で。『ぶち壊しになりませんか?』と監督に言ったんですけど『大丈夫、しまるから』っておっしゃるんですよ。この見た目で“しまる”はないだろうと思っていたんですけど…スクリーンの力というか、自分が高校3年生に見えました(笑)」。

先ほども“熱い群像劇”という表現が出てきたが、権藤と自分はその「熱いところ」が似ていると言う。
「僕も感動したい人間なので、熱いのが好きなんですよね。“やろうぜ”とか“がんばろうぜ”とかいう気持ちが好きで。僕も合唱部だったら、権藤並みにのめり込んでいたでしょうし、歌い終わった後、泣いていたかもしれません。でも権藤みたいに周りを引っ張るタイプではないかな。トップというよりは、ナンバー2とか3くらいで、横からちょっかい出してるくらいが一番良いんですよね(笑)」。

そんな権藤率いる湯の川学院高校の合唱部、持ち歌は尾崎豊の「15の夜」だ。七浜高校の合唱部員も含めて、クランクインの3か月前から練習がスタートした。
「練習は相当しましたね。みんな役者さんとか役者の卵の人たちばっかりで、歌を経験してないから、僕も含めて、本当にヒドイの。聞いてられないし、これでお金取っちゃダメだよ、みたいな(笑)。撮影まであと1か月くらいのときに、プロデューサーから『本当に君たちの歌を流すから』って言われちゃって(笑)。それから本当に死にものぐるいで練習しましたよ」。

奮起した合唱部員たちだったが、それから2週間ほどすると、今度はコーチの爆弾発言が!
「『これだけ激しい社会へのメッセージをぶちまけた歌をキレイに歌ってお客さんに届きますか? みなさんは、上手く歌うことはできるようになったから、ここから逆に壊し始めてください』って言うんですよ。『まだオトナになってない、社会にも出れない。でもオトナにはすごく抑圧される、この15歳のどうにもできないわだかまりをお客さんにぶつけてください』って。そうしたらみんな、15歳のときの自分に戻って、気持ちを大声でぶつけるようになったんですよ。勝手に身振り手振り、拳を握ったり、自分の胸ぐらを掴んで熱く歌ったり。本当に尾崎の熱い歌になって、本番は良いものが出来ました。お客さんに訴えかけるような、“荒削りだけど聴いちゃう、この人たち”っていう合唱団に仕上がったんじゃないかな」。

歌といえば、湯の川ヤンキー合唱部部長としてのソロパートにも注目してほしい。
「練習はしたんですけど…。いままで自分は歌が上手い方だと思っていたんですよ。でも合唱で全員で歌っているから、自分の歌唱力ってみんなの声で消されて、把握出来なくて。いざ、エンディングで一人だけ立ち上がって歌に参加するというシーンのときに、音を外したんですよね(笑)。そうしたら800人いるエキストラが大爆笑して。笑われたもんだから、パニック状態に陥って、“おれ、かっこ悪い!”って(笑)。でも本番は近いし、これから何万人っていう人がこの映画を観るわけだから、下手なことはできない。だから、“もういい、恥かこう”と思って、カメラをセッティングしている間、勝手にひとりで大声で練習したんです。みんなに『ゴリ、まだ練習してるよ』みたいに笑われたんですけど、慣れないと恥ずかしくなるから、ずっと真剣に歌ってました。でも、10分くらいしたら、みんな真面目に聴き出すんですよね。『あ、ゴリ、真剣なんだ』って。その後の本番で成功したら、拍手してくれたんですよ。『良かったね』って。…だから、熱いのが好きなのよ(笑)」。

《photo:Yoshio Kumagai》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top