ハビエル・バルデムがコッポラの新作を降板、代役はなんと女優!

最新ニュース

3月11日の来日記者会見に出席した際のハビエル・バルデム
  • 3月11日の来日記者会見に出席した際のハビエル・バルデム
先月、ハビエル・バルデムがフランシス・フォード・コッポラ監督の新作『Tetro』(原題)に出演するとお伝えしたが、今週月曜にブエノスアイレスでクランク・インした同作からバルデムが降板したことが明らかになった。

ハリウッド・リポーター誌によると、バルデムに代わって起用されたのは、彼と同じスペインの女優、カルメン・マウラ。ペドロ・アルモドバル作品の常連で、監督の最新作『ボルベール<帰郷>』では、バルデムと交際中のペネロペ・クルスの母親を演じている。

バルデムは、ヴィンセント・ギャロ扮するタイトル・ロール、テトロの心の師とも言うべき存在という重要な役を演じる予定だったが、コッポラは脚本を何度も読み直すうちに「2人の関係性は異性同士である方が面白くなると感じた」と言う。

その一方で、バルデム降板にはほかの理由があるとの説も。リハーサルに一度も顔を見せなかった彼は現在、『シカゴ』『SAYURI』のロブ・マーシャル監督の新作でブロードウェイのヒット・ミュージカルの映画化作品『Nine』(原題)の主演に向けて準備中だという。



先月『ノーカントリー』の日本公開直前に来日し、会見に出席したバルデム。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top