永作博美、鈴木砂羽らの初恋暴露話が続出! サタケミキオ監督作『同窓会』完成会見

最新ニュース

『同窓会』完成披露にて(左から)飯島ぼぼぼ、鈴木砂羽、宅間孝行、永作博美、二階堂智、阿南敦子
  • 『同窓会』完成披露にて(左から)飯島ぼぼぼ、鈴木砂羽、宅間孝行、永作博美、二階堂智、阿南敦子
劇団「東京セレソンDX」の座長として活躍し数々の映画やドラマに出演する一方で、ドラマ「花より男子」や「歌姫」など人気ドラマの脚本家としても高い評価を得るなどマルチな才能を発揮する宅間孝行。彼が「サタケミキオ」の名で監督デビュー、そして主演を果たす記念すべき作品『同窓会』が今夏、公開される。4月3日(木)、本作の完成披露試写会が行われ、宅間さんを筆頭に、永作博美、そしてその高校時代の仲間を演じた鈴木砂羽、二階堂智、飯島ぼぼぼ、阿南敦子が舞台挨拶に登壇した。

今回、初監督に脚本、主演という3役を務め上げた宅間さんと夫婦役で共演した永作さん。現場での宅間さんの印象を「監督をされてるときは指示が的確という印象があります。多分、はっきりと自分が向かう最終的な画が見えていたのだと思います。だから役者としても、しっかり誘導して下さるので、一緒に演じていて楽しく、迷うことなく役に向かっていけました」と絶賛した。映画の撮影は長崎県・島原で行われたが、永作さんはとりわけ島原弁に苦戦したようで、「島原弁を喋られる方に気持ち悪いと思われてしまうと残念だなと思ったのでがんばりました」とふり返った。

「爽やかなイケメ〜ンと思いました(笑)。ジャージか何かを着てたんですけど、体育会系のイケメンの監督なんだぁと」と宅間さんの第一印象を話すのは、鈴木さん。永作さん同様、「的確な指示があって、すごく楽しかったという印象しかありませんね」と褒め称えた。

共演者から立て続けに称賛を浴びる宅間さんだったが、本人は「みなさん私のオンオフの切り替えを褒めてくれてたんですけど、実際はかなりいっぱいいっぱいで、永作さんに愚痴ったりしていました」という。「やっぱり初めてということで意気込む部分もあったんですが、どうしていいか分からないことや思い通りにならないことが加わって…。時間がない中で、時間を見つけて永作さんに愚痴ってましたね」と明かした。また、今回のキャスティングはどうやら酒好きが集まったそうで、「(少年時代を演じた)若者たちは青春な感じだったんですけど、僕たちは毎日飲んでばかりでした」と同世代ならではの仲の良さを垣間見せた。

また、タイトル『同窓会』に因んで、それぞれに甘酸っぱい青春、初恋の思い出に関する質問が。「私は小学校2年生の頃でしたけどね。ハッキリと初恋だと確信しています。でも、本当にモテモテの男の子で、特に告白することもなく終わりました…」と永作さんが告白すると、二階堂さんも「僕も小学校2年生くらいですかね。ちょっと変態チックでして、隣の席の子に消しゴムを落としたフリをして、肩にキスをしてた」と暴露した。2人に負けじと鈴木さんも、「鈴木シンイチ君が好きだったのが幼稚園のときで、小学生のときは鈴木タツシ君が好きだったんです。鈴木が多かったんですね。肩にはチューしないけど、ほっぺにチューはしてましたよ、『好きぃ〜』って」と名前付きで初恋を明かし、会場をわかせた。

最後に宅間さんが「キャストもスタッフも素晴らしい一流の人たちが集まって、お金がない分、みなさんの才能やこだわりや頑張りが詰まった作品になったと思います」とアピールした『同窓会』。公開は8月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国にて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top