身分違いの愛とそれに嫉妬した妹…心揺さぶる愛の物語『つぐない』

最新ニュース

『つぐない』 -(C) 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『つぐない』 -(C) 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『つぐない』 -(C) 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『つぐない』 -(C) 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
イアン・マキューアンのベストセラー小説を映画化し、本年度アカデミー賞の作品賞候補作中、唯一のラブストーリーとなった1作。1935年のイギリスを物語の始まりに、上級家庭に生まれ育った女性セシーリア・タリスと、タリス家に仕える使用人の聡明な息子、ロビーの心揺さぶる愛の物語が展開する。

戦火が忍び寄る1935年、セシーリアは身分の違うロビーに対し、特別な愛情を感じ始めるように。しかし、セシーリアの多感な妹・ブライオニーは、そんなふたりの関係を嫉妬まじりに嫌悪。そのため、ブライオニーはあるうそをつき、ロビーを刑務所送りにしてしまう。その後、囚人として戦場へ駆り出されたロビーと、彼に会えない日々に耐えるセシーリア。引き裂かれたふたりは再び会うことができるのか? そして、成長し、幼き日の自分が犯した罪の重さに気づいたブライオニーは、罪を償うことができるのか?

前作『プライドと偏見』でもキーラ・ナイトレイをヒロインに起用したジョー・ライト監督が、マキューアンの原作を誠実に映像化し、見事に大成功。原作の持ち味でもある緻密な構造を、映画らしく色や音で惹きつけながら着々とスクリーンに移行させることで、セシーリアとロビーが直面する非情な運命を際立たせている。序盤のセシーリアが着こなす鮮やかな緑色のドレスから中盤に登場する路面電車の赤、ロビーの打つタイプライターの音から劇中音楽の旋律まで、全てが効果的。そして、最も忘れがたいのは、時代や階級、さらには人間の感情に翻弄される青年・ロビーに扮したジェームズ・マカヴォイの眼差しの演技だ。

《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top