やっぱり元のサヤに収まった? ショーン・ ペン夫妻が離婚請求を取り下げ

最新ニュース

昨年9月に行われたショーン・ペン監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』のプレミアに出席したショーン・ペンとロビン・ライト・ペン夫妻 -(C) Reuters/AFLO
  • 昨年9月に行われたショーン・ペン監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』のプレミアに出席したショーン・ペンとロビン・ライト・ペン夫妻 -(C) Reuters/AFLO
昨年12月に、カリフォルニア州マリン・カウンティ郡高等裁判所に離婚請求を提出していたショーン・ペンとロビン・ライト・ペン夫妻が、その請求を取り下げていたことが9日、明らかになった。

8日に行われた審問には2人とも姿を見せず、離婚訴訟の現状についてのコメントも発表していないが、アメリカのゴシップサイト、“TMZ.com”には彼らの提出した法廷書類の写真が掲載されている。

2人は1989年に『ステート・オブ・グレース』の共演で知り合い、マドンナとの離婚直後だったショーンと付き合い始めたロビンは1991年に第一子を出産、93年に第ニ子が誕生し、96年に結婚した。

その後もショーンの浮気で別居したこともあったが、そのたびに関係修復をしてきた2人。今度も元のサヤに収まったようで、7日には2人は一緒にカリフォルニア大学バークレー校で行われたエディ・ヴェダーのコンサートに出かけている。ショーンはそこでステージに上がり、ロビンに捧げる歌を1曲歌ったそうだ。



2007年9月、ショーンの監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』のプレミアに出席した2人。

© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top