千秋が“先輩ママ”として妊婦さんにアドバイス&父親予備軍に喝!

最新ニュース

『プルミエール 私たちの出産』
  • 『プルミエール 私たちの出産』
  • 『プルミエール 私たちの出産』試写会トークイベントに登場した千秋と試写会に招待された妊娠中の女性たち。
  • 『プルミエール 私たちの出産』試写会トークイベントにて
文化も人種も生活環境も異なる10か国・10人の妊婦たちの出産を追ったドキュメンタリー『プルミエール 私たちの出産』が4月19日(土)より公開される。4月10日(木)、妊婦を招待した本作の特別試写会が開催され、上映前のトークイベントにタレントで一児の母である千秋が登場した。

千秋さんは、初めて妊娠したと分かったときの気持ちについて「実は、最初は嬉しいというよりも、驚きと“どうしよう?”という不安の方が大きかったです」と明かしてくれた。さらに「私は小さな頃から『ちゃんと母親になれるのかな?』とずっと思っていました。私の母は、妊娠中の10か月の間に自覚が芽生えると言ってくれたんですが、もうすぐ産まれるというときになっても、その自覚がなかったんです。でも、実際に出産して子供の顔を見た瞬間に、嬉しくて感動して、同時に『あ、私お母さんになれる!』って思えました。それから、私を生んでくれた母への感謝の気持ちもわいてきましたね。出産をきっかけに母との距離もぐっと縮まりました」と、出産を通じての気持ちの変化について語ってくれた。

続いて、妊娠中の楽しみ方についてアドバイスを求められると「子供が産まれると、オムツやらミルクやら荷物が増えて、3〜4年は小さなバッグで出かけることが出来なくなります。だから、いまのうちにかわいいバッグでお出かけしておくといいですよ。それから私は、部屋の壁に、出産後に着たい細身の服をいっぱいかけておいて、早く元の体型に戻って、かわいい服を着て出かけるのを楽しみにしていました」と、洋服のデザイナーとしても活躍する千秋さんらしい助言を贈ってくれた。

そして、子育ての苦労についても先輩ママとして「気の持ちようですよ。赤ちゃんの夜泣きやオムツを替えたりする苦労も、そのときしか経験できない大切なことですしね。誰もがすぐに、完璧な母親になれるわけがないんだし、私は80歳までに良妻賢母になれればいいという気持ちで、毎日やってます」と、これから母親になる人たちにとっては心強いメッセージを贈ってくれた。ちなみに、男性陣に対しては「絶対的にママに優しくしてあげてほしいですね。子供ばかりをかわいがらずに、ママに対してちゃんと感謝の気持ちを伝えるように! 男は出産のときは本当に役立たずなんだから、言葉と態度で優しさを示して、ママを支えてあげてください」としっかり注文をつけた。映画については「たとえ、国や文化が違ってもお母さんはお母さんであり、子供への強い愛情が伝わってきました」と笑顔で語ってくれた。

『プルミエール 私たちの出産』は4月19日(土)よりシャンテ シネほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top