壇上でもサイボーグ式? 小出恵介&綾瀬はるかが手荒い誕生祝いで監督に復讐

最新ニュース

『僕の彼女はサイボーグ』完成披露試写会。綾瀬はるかと小出恵介がクァク・ジェヨン監督(中央)に手荒い誕生日の祝福。
  • 『僕の彼女はサイボーグ』完成披露試写会。綾瀬はるかと小出恵介がクァク・ジェヨン監督(中央)に手荒い誕生日の祝福。
恋人もいない、サエない大学生・ジローと、彼の前に突如現れたサイボーグの“彼女”。ときに微笑ましく、そして切ないふたりの愛を描いた『僕の彼女はサイボーグ』が5月31日(土)より公開される。4月15日(火)、本作の完成披露試写会が開催され、主演の小出恵介と綾瀬はるか、そして韓国から来日したクァク・ジェヨン監督による舞台挨拶が行われた。

サイボーグの“彼女”を演じた綾瀬さんは「これまでサイボーグを演じたことはなかったので…(笑)、ロボットの動き方などを勉強して役を作っていきました」とふり返った。劇中で綾瀬さんは、小出さん演じるジローを殴ったり投げ飛ばしたりするが「めったにない機会なので、思い切りやって楽しみました」と充実した表情で語ってくれた。

小出さんは「僕はやられる一方でしたので…。派手なワイヤーアクションのシーンでは、一度、撮影中に失神してしまいました」とその激しさを明かしてくれた。

さらに綾瀬さんは、劇中のジローと“彼女”のように、女性の方が、ちょっと弱気な男性をグイグイ引っ張っていく関係はどう思うかという質問に「相手を振り回す強い女の子と弱い男の子のカップリングも素敵だと思います」と語り、自分でもそんな関係になりたいか? と聞いてみると「はい!」と笑顔で即答してくれた。一方の小出さんはと言うと「僕も振り回されて気持ちよかったです! 強引な女の子ってかわいいな、と思いますよ」とのこと。小出恵介ファンのみなさま、ぜひご参考に!

ジェヨン監督は、小出さん、綾瀬さんとの撮影について「2人とも本当に魅力的で、現場では映画を撮っているのか、夢を見ているのか分からなくなりました」と語った。が! そんな監督の称賛をよそに、実は小出さんと綾瀬さんによる恐るべき陰謀が…。舞台挨拶の最後に、来月に誕生日を迎える監督のために、巨大なバースデイケーキが用意された。誕生日と言えば、劇中、“彼女”が、ジローの顔をバースデイケーキに突っ込むシーンがあるが、実は、この日のケーキは、小出さんがそのときの復讐のために用意したもの。会場が一体となって、監督のためにバースデイソングを歌い終わるや、小出さん、綾瀬さんが監督の顔をケーキの中に突っ込んだ。ジェヨン監督は「もう二度と、誕生日が近い日に来日はしません。小出さんにはぜひ、次の作品にも出演していただきたいと思います」と生クリームまみれの顔で語り、会場は大きな笑いに包まれた。

韓国の名監督にとんでもないことをしでかした小出さんが「とんでもない作品ができました!」と自信満々に語る『僕の彼女はサイボーグ』。公開は5月31日(土)よりサロンパス ルーブル丸の内ほか全国松竹・東急系にて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top