異例の抜擢! 押井守最新作『スカイ・クロラ』で、菊地凛子&加瀬亮が声優に挑戦

最新ニュース

『スカイ・クロラ』の アフレコを終えた菊地凛子、加瀬亮
  • 『スカイ・クロラ』の アフレコを終えた菊地凛子、加瀬亮
『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』、『イノセンス』などで圧倒的な影響力を世界に見せつけてきた日本アニメ界きってのクリエイター、押井守。彼の待望の4年ぶりの長編アニメーション作『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』が8月2日(土)より公開となる。このたび、ベールに包まれていた物語の主人公のビジュアルが初公開され、その声優キャストとして菊地凛子と加瀬亮が担当したことが判明した。

若い世代から熱狂的な支持を受けるベストセラー作家、森博嗣による全5巻完結の人気シリーズ小説を原作に、『世界の中心で、愛をさけぶ』の脚本を手がけた伊藤ちひろをはじめとする屈指の才能が集結した本作。“ショー”として戦争が繰り広げられる世界を舞台に、“キルドレ”と呼ばれる、永遠の子供たちが空で戦う姿と、彼らの切ない愛が描かれる。今回、菊地さんが担当するのは、元・エースパイロットの女性指揮官、草薙水素(くさなぎ・すいと)、加瀬さんは、基地に赴任して来たエースパイロット・函南優一(かんなみ・ゆういち)の声を担当する。声優出演は、菊地さんは『Genius Party - ジーニアス・パーティ』に続く2度目、加瀬さんはこれが初挑戦。これまでプロの声優にこだわってきた押井監督にとっては、異例の俳優起用となった。

それぞれのキャラクターについては「物事をしっかり捉えようとする姿勢や、人を受け入れることに恐怖感を抱きつつも挑んでいく気持ちや、フッと女性的な感情が表れるところが魅力的」(菊地)、「良くも悪くも独特な、いまの生きづらさを背負った彼の内面に惹かれました。そこに共感するのではなく、質問を投げかける自分の複雑な気持ちをそのまま出せたらと思い、演じました」(加瀬)と語る2人。本作ではさらに、戦友の女性パイロット・三ツ矢碧(みつや・みどり)役に栗山千明、函南の同僚パイロット・土岐野尚文(ときの・なおふみ)役に谷原章介と、日本映画界には欠かせない豪華キャストが揃った。

アフレコ収録は3月に完了、今月末には本編完成予定の本作。4月19日(土)より、新ポスターと予告編が全国の劇場にて登場するので、こちらも必見。「深いところでのラブストーリーも描かれていますので、ぜひ期待してご覧ください」と菊地さんがメッセージを贈る『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』は8月2日(土)より渋谷東急ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top