上地雄輔が人の心を見透かす妖怪に!? 『ゲゲゲの鬼太郎』新妖怪キャスト一挙解禁!

最新ニュース

『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 -(C) 2008「ゲゲゲの鬼太郎」フィルムパートナーズ
  • 『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 -(C) 2008「ゲゲゲの鬼太郎」フィルムパートナーズ
水木しげるの不朽の名作アニメを豪華キャストにより実写化、たちまち“ゲ・ゲ・ゲ”旋風を巻き起こした昨年に続き、待望の第2弾としてこの夏、公開を迎える『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』。公開に向けて、徐々にそのキャストとビジュアルが明かされてきた本作の全貌が遂に、解禁となった。

前作『ゲゲゲの鬼太郎』では、主要キャストのほかにYOU、小雪、中村獅童、西田敏行ら豪華キャストが好を評したが、第2弾ではそれに負けぬバラエティ豊かな妖怪ワールドが実現。既に公表済みのキャストでは、佐野史郎=“蛇骨婆(じゃこつばばあ)”に笹野高史=“井戸仙人”、寺島しのぶ=“濡れ女”、ソ・ジソブ=“夜叉”、そして緒形拳=“ぬらりひょん”、正統派5名のビジュアルが今回公開となった。文字通り“婆”に化けた佐野さんは、その元の姿を留めさせない強烈な特殊メイクには苦戦もしたようだが、「なんか、こう…あの世から生まれ変わった感じですかね? 化けるというのは開放感があって何とも言えません」とまんざらでもない様子。対して日本妖怪の長を自称する妖怪に扮した緒方さんは「どんな仕上がりになるか正直不安でしたが、最新の特殊メイクは本当に軽くてすぐに馴染むことができました。少しずつ自分がぬらりひょんになっていくのが面白かったです」とコメント。当初は洋風だったのを自ら着物に変更するというこだわりも見せている。

さらに、バラエティ組から参戦の出演キャストも判明。中でも特筆すべきは、おバカ3人組「羞恥心」として最近ではデビュー曲がオリコン1位を獲得するなど、まさに人気絶頂の上地雄輔(写真上)。ぬらりひょんの部下で、人の心を読み、その行動を自在に操る妖怪“さとり”として登場する。そのほか、異色の組み合わせ、ブラザートムと星野亜希(ほしのあき)が高尾山に棲む化け狸の夫婦“竹切り狸の夫婦”に、次長課長の河本準一が、鬼太郎の頼みをある条件で聞く妖怪、琵琶牧々(びわぼくぼく)に変身、総勢9名の妖怪たちが揃った。一体、彼らが鬼太郎ファミリーとどんな妖怪戦争を繰り広げてくれるのか、期待大である。

『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』は7月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top