トム・クルーズの愛息が、あのスターの少年時代役でスクリーン・デビュー

最新ニュース

2006年9月に撮影されたコナーとトム -(C) AFLO
  • 2006年9月に撮影されたコナーとトム -(C) AFLO
トム・クルーズが前妻のニコール・キッドマンとの間に迎えた養子で13歳になるコナーが映画に初出演、父と同じ道の第一歩を踏み出した。

コナーが演じるのは、トムの親友ウィル・スミス主演の『Seven Pounds』(原題)でスミス扮する主人公の少年時代。撮影が行われたのは1か月以上前で、2日間にわたって行われた。少年時代の写真としての登場なので、台詞もない。利発そうで瞳のきれいなコナーは、ウィル・スミスの少年時代にしては整いすぎた顔立ちかも?

『Seven Pounds』はスミスが『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチーノと再びコンビを組む作品で、7人の見知らぬ相手の人生を変える男を描く感動作。ロザリオ・ドウソン、ウディ・ハレルソンらが共演し、12月12日に全米公開を予定している。



写真は2006年9月に撮影されたコナーとトム。

© AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top