「子供たちに母親にしてもらった」水野美紀、お礼に(?)恋愛相談と空手技伝授

最新ニュース

『あの空をおぼえてる』初日舞台挨拶。前列右から水野美紀、竹野内豊、冨樫森監督、前列右より吉田里琴、広田亮平。
  • 『あの空をおぼえてる』初日舞台挨拶。前列右から水野美紀、竹野内豊、冨樫森監督、前列右より吉田里琴、広田亮平。
  • 『あの空をおぼえてる』初日舞台挨拶にて。竹野内豊と広田亮平。
  • 『あの空をおぼえてる』初日舞台挨拶にて。水野美紀と吉田里琴。
最愛の娘を事故で喪い悲嘆に暮れる母と自分を責め続ける父。そして、妹の死に傷つきながらも明るくふるまい、両親を励まそうとする長男。悲しみの淵に立たされた一家が、家族の絆によって再生していく姿を描いた『あの空をおぼえてる』が4月26日(土)、公開初日を迎えた。上映後の舞台挨拶に、主演の竹野内豊に水野美紀、広田亮平、吉田里琴の深沢一家と冨樫森監督が登壇。映画を観たばかりの観客からは大きな歓声と拍手が送られた。

7年ぶりの主演映画で竹野内さんが、父親役を演じたことは、新鮮な驚きをもって受け止められたが、役作りについて「“父親”というものを頭で考えて理解できても、実際の父親の愛情は理屈ではないのでイメージしにくかったです。でも、撮影現場でこの子たちの頼りなさげな後ろ姿や、無邪気な笑顔を見ていると、『守ってあげたい!』という気持ちが自然にわいてきました。そのときに、『そうか、こういう気持ちで演じればいいんだ』と分かったんです。現場でのこの感情が、役作りに本当に大きく影響しました」とふり返った。さらに、竹野内さんは、観客に向けて「映画は、観る人によってその時々で全く感じ方の違うものだと思います。でも、この映画については、どんな小さなシーンでもいいので、みなさんの心のどこかにいつまでも残ってくれたら嬉しいです」と語りかけた。

深沢家の長男・英治役の広田くん、長女の絵里奈を演じた里琴ちゃんは、大観衆を前にちょっぴり緊張している様子。現場での様子について広田くんは「竹野内さんはすごく優しいお父さんで、水野さんには空手の技を教えてもらいました」と語ってくれた。水野さん、近年アクション映画に多く出演しているだけあって、さすがです!

里琴ちゃんも、竹野内さんと水野さんについて「本当のお父さん、お母さんみたいでした。今日は、お母さんとお話するのが楽しみでした」と笑顔で語った。ちなみにどんな話をするのか尋ねてみると、すかさず水野さんが「ガールズトークです! 先輩として、今後も恋愛相談に乗ってあげたいです(笑)」と答え、会場は笑いに包まれた。

「竹野内さんというダンナさんに、妻にしていただき、子供たちによって母親になることができました」と語る水野さん。母親役を演じて「女性が妊娠・出産して、赤ちゃんを抱き上げた瞬間に、母親になるためのホルモンが体内に分泌される、と聞きましたが、現場で私はそれを分泌していたと思います」と力説。竹野内さんは「僕も、自分の中で、父親のホルモンが出てくるのを感じました」と頷いた。

冨樫監督は初日を迎え、「嬉しいのと心配なのと両方ですね。一人一人のお客さんに感想を聞いて回りたい気持ちです」と胸の内を明かした。そして観客に「この映画では、“深沢家”というハコを借りていますが、観た方が自分自身のこととして、考えていただければ幸いです」と呼びかけた。

『あの空をおぼえてる』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top