柴咲コウ『少林少女』舞台挨拶で宣戦布告、スピンオフ狙いはナイナイ岡村だけじゃない

最新ニュース

『少林少女』初日舞台挨拶にて(左から)本広監督、江口洋介、柴咲コウ、仲村トオル、岡村隆史
  • 『少林少女』初日舞台挨拶にて(左から)本広監督、江口洋介、柴咲コウ、仲村トオル、岡村隆史
  • 『少林少女』舞台挨拶にて 柴咲コウ
  • 『少林少女』舞台挨拶にて 岡村隆史
『少林サッカー』、『カンフーハッスル』のチャウ・シンチーが作ったオリジナルストーリーを基に、『踊る大捜査線』シリーズの亀山千広プロデューサー&本広克行監督が作り出した『少林少女』。主演は、撮影が始まる1年前から武術アクションのトレーニングを受けた柴咲コウ。彼女がほとんど吹き替えなしで挑んだ本作が4月26日(土)に公開され、監督、柴咲さんのほか、岡村隆史、仲村トオル、江口洋介が舞台挨拶を行った。

「この映画で、みなさんがちょっとでも元気になってくれたら嬉しい」と挨拶した柴咲さん。「格闘館の中の格闘シーンは、すごく楽しくて、ずっと動いていたいと思ってたんです。どんどん気持ちが高ぶっていくし、“私、動けてる”という自信がカットを重ねるたびに出来ていくような感覚でした。その中でちょっと大変だったのは、やっぱり雄一郎(仲村さん)の首に蹴りを入れるところです。仲村さんは背が高くていらっしゃるので…」と、自身のアクションについてふり返った。

その仲村さんは、「岡村さんに一言! スピンオフを狙ってるのは君だけじゃないぞ!」と開口一番挨拶し、会場をわかせた。アクションについては「出身がグラビアアイドルなので」と少々微妙なボケをかまし、岡村さんに突っ込まれながらも「いまだかつてないくらい本気で、100%の力で蹴っていた」そう。蹴った相手は江口さん。「江口、痛くないのかなと思って。最後まで何も言わなかったので…」と江口さんをチラリ。

そのコメントに「痛いって!」と答えた江口さん。「僕は戦わず、負けるが勝ちという男。格闘シーンはほとんどなかったんですけど、柴咲さんと2人の道場の前のシーンは、実際に炎から何メートルっていう場所でやってるんです。4テイク、5テイクくらいやったんですが、どんどんどんどん校舎が崩れていくんで、時間がないと言いながら、ギリギリであのショットが撮れたんですよ」と、ほかのキャストに負けず劣らず危険なシーンをこなしたことを明かした。

「柴咲さんと同じ身長」だという岡村さん。柴咲さんとのアクションシーンも見逃せないが、チャウ・シンチー作品でおなじみのティン・カイマン&ラム・チーチョンとのシーンも笑わせてくれる。「最初は遊び半分で撮影に参加した」と言う2人との共演について、「その通りです(笑)! ふわーっと来てね、わわわー言うて、自由にやって帰るんですよ。本当に適当なこと言うて!」と少々お怒り気味。しかしその2人とずっと一緒だったそうだが…「向こうが勝手に仲間やと思って…。匂いで感じるんでしょうね(笑)。本当に香港スタイルで、テストからアドリブで違うことやっていくんでね、大変でした。むちゃくちゃするんですよ。ありえねーっていう(笑)。“何でいま『たまご』って言うたの?”って。広東語とかで言ってもらってたら、まあ、別にいいんですけど、日本語で『たまご!』って。“ほら、また言うた!”みたいな」と爆笑エピソードを語った。

そんな彼らをまとめた本広監督。「今回、いろんな指導の方がいらしたんです。太極拳の指導、少林拳の指導、ラクロス指導など、専門家だけで10人くらいいたんですけど、そのみなさんがまとめ上げたものを僕がさらにまとめるという感じだったので、僕は観ているしかなかったですね」と撮影をふり返った。「この映画はアクションものと言われているんですけど、全く悪い人がいない、血も出ません。たくさんの人に観てもらえるアクション映画として、本気で作りました。キャストのみなさんは、毎日トレーニングとか大変だったと思うんですけど、その成果が映像に出ていると思います」と力強く作品をアピールした。

「この映画は理屈抜きで楽しくて、笑えるところもいっぱいあって、だけど芯に強いものが、軸がぶれないものがちゃんとあります。ご家族みなさんで楽しんでください!」と柴咲さんがお薦めする『少林少女』は日劇1ほか全国にて公開中。

また、この舞台挨拶の模様はフジテレビ721、フジテレビCSHD、日本映画専門チャンネルにて放映予定。

フジテレビ721、フジテレビCSHD
5月4日(日・祝)13:00~15:00

日本映画専門チャンネル
5月1日(木)25:00~27:00
5月9日(金)18:00~20:00
5月12日(月)16:00~18:00
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top