1,000人の嫉妬を背負って(?)、上戸彩が赤西仁にあげた誕生日プレゼントは? 

最新ニュース

客席にマイクを向けて観客と一緒に赤西仁のためにバースデイソングを歌う上戸彩。
  • 客席にマイクを向けて観客と一緒に赤西仁のためにバースデイソングを歌う上戸彩。
  • 『スピード・レーサー』初日舞台挨拶にて 上戸彩。
  • 赤西仁のために作られた辻口博啓氏特製の“マッハ5号”デコレーションケーキ。
カーレースにとり憑かれた天才ドライバー、その名もスピード・レーサーを主人公に、幻想的な都市をハイスピードで駆け抜けるカーレースの魅力をたっぷりと詰めこんだ『スピード・レーサー』が7月5日(土)、いよいよ公開を迎えた。日本語吹き替え版でスピードの声を担当した「KAT-TUN」の赤西仁と、その恋人・トリクシーの吹き替えを務めた上戸彩が公開初日の舞台挨拶に登壇した。

赤西さんと上戸さんが登場すると、会場は劇中のレース場さながらの熱狂に包まれた。上戸さんは「とにかくスピード感のあるお話なので、テンポに気をつけました。それから、スピードとのやり取りは、毎回シチュエーションや雰囲気が違ったので、状況に合わせてトーンを変えたりと工夫しました」とふり返った。

赤西さんは、声優初挑戦となったが「全くやり方がわからないところからのスタートでしたから、どこが特にというよりは、全てで苦労しました。自分で点数は付けられませんが、目一杯がんばりました!」と語った。ともに苦労はあったようだが、その甲斐あってか、観客席からは「かっこよかった!」、「楽しかった」といった称賛の声がわき起こった。

ちなみに、前日の7月4日(金)は赤西さんの24回目の誕生日。壇上での上戸さんからの花束のプレゼントに加え、世界的なパティシエとして活躍する辻口博啓氏による、砂糖で作った“マッハ5号”がデコレーションされた特製ケーキが贈られた。さらに、1,000人の観客と上戸さんによるバースデイソングの合唱に赤西さんは「何だかでっかい『笑っていいとも』みたいですが(笑)」と照れつつも嬉しそうな表情を見せた。

個人的に赤西さんにマグカップをプレゼントしたという上戸さんは赤西さん以上に(?)特製ケーキに興奮した様子を見せ「仁くんの誕生日があるこの時期に一緒に仕事ができて良かったです」と満面の笑みで語った。

『スピード・レーサー』はサロンパス ルーブル丸の内ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top