失恋にはナン? 一青窈の名曲の驚くべき誕生秘話 『きみの友だち』プレミア試写会

最新ニュース

『きみの友だち』舞台挨拶。(前列右から)義高由里子、一青窈、石橋杏奈、北浦愛、(後列右から)華恵、廣木隆一監督、福士誠治、柄本時生。
  • 『きみの友だち』舞台挨拶。(前列右から)義高由里子、一青窈、石橋杏奈、北浦愛、(後列右から)華恵、廣木隆一監督、福士誠治、柄本時生。
  • 『きみの友だち』舞台挨拶にて 石橋杏奈。
  • 『きみの友だち』舞台挨拶にて 福士誠治。
直木賞作家・重松清の同名小説を原作に、“友だち”が与えてくれる喜びや優しさを胸に抱いて、孤独や悲しみを乗り越えていく少年少女たちの姿を描いた『きみの友だち』が7月26日(土)より公開される。これに先立ち7月9日(水)、本作のプレミア試写会が開催され、主演の石橋杏奈を始め北浦愛、吉高由里子、福士誠治、柄本時生、華恵、そして主題歌を歌う一青窈、廣木隆一監督が舞台挨拶に登壇した。

主人公の恵美を演じた石橋さんは、今回が映画初出演となったが「出来上がった作品を観て、自分がこんなに大きなスクリーンの中にいることにびっくりしましたし、嬉しかったです」と笑顔で語った。石橋さんに、心に残る友達との思い出を聞いてみると「中2のときに福岡から上京してきたんですが、出発の朝、すごく早い時間の飛行機だったのに、みんなが空港に来てくれたことです」と明かしてくれた。

恵美にとってかけがえのない親友・由香を演じた北浦さんは、同じ質問に「海外に引越してしまった友達がいるんですが、何年ぶりかに会っても、昨日も会っていたかのような感じがするんです。きっと、友達って一緒にいる時間の長さは関係ないんですね」と答えた。

親友に彼氏が出来たことで、相手にされなくなり悩む少女・ハナに扮した吉高さんも、これにうなずきながら「大切なのは時間ではなく密度なんですね。友達が、サプライズで誕生パーティを開いてくれたことがあって、すごく印象に残っています」と語り、映画についても「愛しくて甘くて、切なくてキュンとくる作品で、友達の大切さを改めて教えてくれます」とアピールした。

琴乃役の華恵さんは「初めに原作を読んだとき、友達というのは、“こういうもの”という正解があるのではなく、いろんな形があるものなんだと感じました。心配ごとがある人もこの映画を観ていただければホッとできると思います」と語った。

琴乃に想いを寄せる佐藤に扮した柄本さんは「実は、僕はまだ映画を観てないんですが、みなさんがおっしゃる通りもいい映画になってると思います(笑)。友達とケンカしている人も、この映画観たら仲直りしてください」と呼びかけた。

福士さんが演じたのは、新米ジャーナリストの中原。福士さん自身は友達について「学生時代の友達とは、その頃とは違ってなかなか会えないんですけど、それでも忘年会とかになると20人くらい集まるんですよ。うざい集団なんですが(笑)、改めて考えると感謝すべきことなんだな、と思います」と語った。

主題歌「つないで手」(コロムビアミュージックエンタテインメントより発売中/1,260円<税込>)を歌う一青さんは、「友達って雲のように、ただそこにあるものだと思います。例えば、失恋のときも、慰めの言葉をかけてくれるのでもなく、ただ、そこにいてくれるだけでいい、という。私の『もらい泣き』という曲も、私が実際に失恋したとき、友達がそばにいてくれたという体験を基に出来たんです。ちなみに、その友達を待ってる間、近くにいたカレー屋のおじさんが、『そんなに泣いてちゃダメだよ』とナンをくれました(笑)。すごくおいしかったんですが、さすがにナンをモチーフに曲は出来ませんでした」と明かした。

廣木監督は「友情がどうのってことよりも、どこにでもいる少年・少女たちの出会いと別れを描いた作品です。観ていただいた方にとって、この映画が友達のような存在になってくれれば幸いです」と緊張した面持ちで語った。

観たら大切な友達の顔が浮かんでくる! 『きみの友だち』は7月26日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネアミューズほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top