「コーラスライン」日本人唯一のキャスト、高良結香が語る“ブロードウェイ”とは?

最新ニュース

「コーラスライン」日本人唯一のキャスト、高良結香
  • 「コーラスライン」日本人唯一のキャスト、高良結香
1975年の初演以来、15年にわたるロングランを記録し、1976年のトニー賞では最優秀ミュージカル賞を始め9部門を制覇。いまなお多くのファンに愛されるミュージカルの最高峰「コーラスライン」。2006年に再演された本作のオーディションに挑む若きダンサーたちの姿に迫った、ミュージカル好きにはにたまらないドキュメンタリー『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』が今秋公開となる。日本人で唯一、このオーディションでコニー役に抜擢された高良結香が、7月9日(水)に行われた完成披露試写会の舞台挨拶に登壇した。

この日、居をかまえる沖縄から駆けつけた高良さんは、そのパワーみなぎる生歌で、コーラスラインの劇中歌「What I did for Love」を熱唱。まるでステージの一幕を切り取ったような迫力に、満員の観客からは拍手喝采が起こった。作品について「撮影からは2、3年経っているので、自分の人生じゃないみたいでした。当時の自分に“大変だったね”と言いたいです」と目を細める高良さん。『ブロードウェイ♪ブロードウェイ』では、史上初めてブロードウェイのオーディション現場にカメラが潜入し、8か月に及ぶ激戦の様子が映し出されたが、「ブロードウェイではオーディションに8か月から1年かかるのは普通で、結果が出るまでに“本当にこの仕事がしたいのだろうか?”と自分に問いかける時間がありました。でもコニーという役は、底力のあるキャラクターで、私も獅子座で負けず嫌いなので、自分に似ていると思っていましたし、オーディションではやれることは全部やった。あとは選ばれるだけだと思ってました」と当時をふり返った。

最後に、夢を叶えた高良さんから、いま夢を追いかけている人々へメッセージをお願いすると、「もし夢が10の地点にあって、いまの自分がマイナス2のところにいたならば、遠い未来を見すぎると辛いと思うんです。だから毎日マイナス1.5、次はマイナス1と少しずつ出来ることをするのが良いと思う。自分で自分を信じること。この世に自分の夢を叶えてくれる人は自分しかいないので、それを分かった上で頑張ってほしい」と力強いエールを送ってくれた。

輝かしい舞台の裏にある“生”の感動作『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』は今秋、新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほかにて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top