細田よしひこ、戸田恵梨香にノックアウト? 台湾公開を前に『闘茶』順調スタート!

最新ニュース

『闘茶』初日舞台挨拶にて 細田よしひこ&戸田恵梨香
  • 『闘茶』初日舞台挨拶にて 細田よしひこ&戸田恵梨香
京都、台湾を舞台に、伝説の茶葉を巡って繰り広げられる中国四千年の歴史を持つ競技“闘茶”を描いた『闘茶 〜tea fight〜』。台湾のワン・イェミンの元、香川照之、戸田恵梨香、ヴィック・チョウ、エリック・ツァンとアジアをまたぐ才能が総結集した本作が7月12日(土)、公開となった。多くのマスコミ陣と観客が詰めかけた初日舞台挨拶に、戸田さんと共演の細田よしひこが登壇した。

この日は新作の撮影のため香川さんは欠席したが、その香川さんと老舗茶屋の親子を演じた戸田さん。今回の役、美希子は勝気な面を持ちながらも不甲斐ない父親に立ち直ってほしいと願う心優しい面を持つ女性。戸田さんは「いつもは穏やかな役が多いのですが、今回はしっかりしていて、かつ、はじけた感じのする役だったのでとても演じやすかったです」と自身の役について語った。香川さんとはいきなり親子ゲンカのシーンから入ったそうだが、「積極的に話しかけてくださって、どんどんやれとおっしゃっていただき、すごく助けてもらいました。(和菓子屋店主役の)ほんこんさんと一緒になって、悩んでないかと親身になって気にかけてくださいました(笑)」と香川さんに対する信頼感を覗かせた。

そんな戸田さんを横にして、本作の見どころについて「やっぱり…戸田ちゃんがかわいい感じです。こんな感じでいいっすか?」とのろけるのは、美希子を一途に想う和菓子屋の息子・村野月彦役の細田さん。戸田さんと同様、香川さんとの思い出を聞かれると、「3人でタクシーに乗るシーンがあるのですが、『おめえは走って行けよ!』とか、いつも和ませてくれる方でした。役どころが娘を奪う役なのでそうなのかもと(笑)。でも一緒に共演できて勉強になりました」と仲むつまじい様子を明かした。

8月1日(金)には映画の舞台となった台湾でも公開される本作。海外進出への意気込みを尋ねると、戸田さんは「本当に嬉しいです。日本のドラマが台湾でも普通に流れていて、撮影に行っているときも(『デスノート』での役名から)“みさみさ”とか言われたりしてすっごく変な感じがしたのですが、嬉しい限りです」と台湾での思い出を交えて話した。一方、相変わらずの細田さんは「台湾には10館しか映画館がなく、その全館で公開が決まって嬉しいですよ。台湾にも原宿みたいな場所があるので、公開の際には行ってチヤホヤされたいです」と嬉しそうに願望を語った。

最後に、戸田さんから客席へ「真面目な話、美希子と月彦の関係って私と細田くんで作り上げたものだと思ってます。2人の世界が完璧に出来ていると思うので楽しんで観ていただきたいです」とアピールされ、言葉通り息の合った2人による舞台挨拶は和やかに終了した。さて、映画ではこの2人の恋は発展するのか…? 『闘茶〜tea fight〜』はシネマライズほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top