来日の“ハルク”エドワード・ノートン、おすぎに大阪仕込み(?)の突っ込み!

最新ニュース

『インクレディブル・ハルク』スペシャル・ジャパンプレミアに出席したエドワード・ノートンとリヴ・タイラー。
  • 『インクレディブル・ハルク』スペシャル・ジャパンプレミアに出席したエドワード・ノートンとリヴ・タイラー。
  • 主人公の科学者・ブルース役のエドワード・ノートン。
  • リヴ・タイラーが選ぶのはハルク? それともエドワード・ノートン?
科学者のブルースは、研究中の事故で多量のガンマ線を浴びたことで、怒りによって緑の怪物「ハルク」に変身する特殊な体質になってしまう——。世界中で人気のアメコミシリーズを原作に、自身の中に宿したもう一つの人格に苦悩する主人公と、彼の力を利用しようと画策する軍との戦いを描いた『インクレディブル・ハルク』が8月1日(金)に公開を迎える。7月29日(月)に本作のスペシャル・ジャパンプレミアが開催され、緊急来日を果たした主演のエドワード・ノートンとリヴ・タイラーが出席した。

会場には、ハルクに合わせてレッドならぬグリーンカーペットが敷き詰められ、2人が姿を見せると、大歓声が上がった。この日は、スペシャルゲストとして、映画評論家のおすぎさんが壇上で2人を迎えたが、おすぎさんがエドワードに「日本は好き?」と尋ねると、日本語で「少しね」という答えが。実は、エドワードは18年ほど前に4か月間、大阪に住んでいた経験があり、かなり流暢な日本語を操るのだ。客席に向かって「大阪の友達、おおきに! みなさん、こんばんは!」と挨拶したエドワード。これにはおすぎさんも驚いた様子で「4か月でそんなに話せるなんて、やっぱり頭がスマートなのね…」とつぶやいたが、エドワードはこれに素早く反応し「練習したんだよ!」と日本語で突っ込んだ。これには会場から、大きな笑いがわき起こった。

一方のリヴも笑顔で「これまで5回以上来日してるけど、日本は大好きよ!」と語り、おすぎさんに促され「私が知ってる日本語はこれだけよ」と前置きしつつ「コンニチハ、リヴ・タイラーデス!」と挨拶してくれた。

今回が初共演となる2人だが、リヴは「パーティなどで何度か顔は合わせていたし、ずっと一緒に仕事をしてみたいと思っていた」と言う。この発言に、おすぎさんは「エドワードはパーティなんて好きそうな顔に見えないけど…」と疑わしそうな目を向けたが、エドワード曰く「パーティは大好きだよ。24時間ずっとパーティでもOK!」とのこと…。どこまで本当なのか?

改めて初共演について、互いの感想を聞いてみると、リヴは「エドワードと一緒に素晴らしい時間を過ごせたわ」と充実した表情を見せた。エドワードも「素晴らしかったよ! 脚本段階で彼女の出演が決まっていたので、雨の中を僕と一緒に走ってキスする、というシーンの構想を練ったんだ(笑)。『せっかくのチャンスを逃してなるものか』と思ってね」とニヤリ。

さらにリヴに「ブルースと変身後のハルク、どちらの方が好きか?」と尋ねてみると、しばらく考え込んだ末に「何をしてるかによるわね(笑)。ハルクの動きを初めて見たとき、本当に表情が豊かで、CGとは分かっていても、その表現の素晴らしさに惹かれたわ」と目を輝かせた。ではブルースは? 「彼も…まあいい人よ(笑)」。この微妙な返答に会場は再び笑いに包まれた。

エドワードは作品について「撮影中にテストの画面を見たことがあったんだけど、画面上を何かが動いていた。本物の人の腕のように見えたけど、実はCGだったんだ。それを見たときに、これは絶対に素晴らしい作品になるって確信した。きっとみなさんにも、同じ気持ちを味わってもらえるよ」と胸を張ってアピールしてくれた。

『インクレディブル・ハルク』は8月1日(金)よりスバル座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top