ドランク塚地の願望は「ナンパで成功」 二枚目・谷原は「ナンパしたことない」と余裕

最新ニュース

『ハンサム★スーツ』で“レッツ・ハンサム!” (左から)英勉監督、北川景子、谷原章介、塚地武雅、大島美幸、鈴木おさむ
  • 『ハンサム★スーツ』で“レッツ・ハンサム!” (左から)英勉監督、北川景子、谷原章介、塚地武雅、大島美幸、鈴木おさむ
  • “チーム・ハンサム”谷原章介&北川景子
  • “チーム・ブサイク”塚地武雅&大島美幸
これぞ因縁の対決、“ハンサム”VS“ブサイク”の戦いが、遂に勃発! 着るだけで容姿端麗なハンサムになれる、夢のようなスーツを手にした男が恋に奔走する姿を描いた爆笑必至のジャパニーズ・コメディ『ハンサム★スーツ』。8月6日(水)、本作の完成披露試写会が行われ、監督の英勉をはじめ、最強コンビを組んだ谷原章介と塚地武雅(ドランクドラゴン)、北川景子、大島美幸(森山中)、そしてその夫で本作のオリジナルの脚本を担当した鈴木おさむが勢揃いした。

塚地さん扮する“ブサイク”大木琢郎の変身後の姿である、“Mr.ハンサム”光山杏仁を演じた谷原さんは、「やっとこういう作品と出会えたなと思いました。この外見のおかげでこうやって映画の主演をやらせていただけて、本当に親に感謝です」と余裕の挨拶。しかし、顔がハンサムだからと言ってモテるわけではないと言い張る谷原さん。本当かうそか「世代のせいでしょうか? 女性の携帯番号をなかなか聞き出せないですし、友達の彼女が飲んでるものも、友達を間接して飲まないと飲めません…」とかわいい悩みを明かした。そんな谷原さんにとって、スバリ“ハンサム”の定義とは? 「どんな状況でも粋に対応できる、いつもにこやかでいる人ですね」。

同じくチーム・ハンサムのヒロイン・星野寛子役の北川さんは「もし谷原さんのようなイケメンに変身出来たら?」と聞かれ、「これだけかっこよかったら、変装をせずに街を堂々と歩いたり、普段だったら恥ずかしくて出来ないポーズをしてみたい」とコメント。すると谷原さんは「僕はあまり変装しませんからね。逆に北川景子になりたいですよ」と返し、美男美女同士で無いものねだりの状態。これには、塚地さんも堪らず「僕も話に参加させて!」と必死にアピール。

本作で長編映画デビューを飾った英監督は、開口一番「めっちゃ面白いんで観てくださ〜い」と飄々と挨拶。「まぬけな声やなー」と塚地さんに突っ込みを入れられるも、「緊張はしなかった?」という質問にも「ちょっとだけしました。でもがんばりました」とマイペースに語り、会場を沸かせた。

ブサイクの華麗なる転身を描いた鈴木さんによれば、今回の脚本は奥様・大島さんから受けた“ブス教育”がかなり影響しているそう。女優として出演する大島さんを指し「一人、名女優が生まれました。ぜひ日本アカデミー賞の助演女優賞を獲っていただきたい」と絶賛した。恥ずかしくなるほど、公然とラブラブぶりを見せていたこの夫婦。劇中には、大島さんと塚地さんのデートシーンがあるが、鈴木さんは「普段見せない笑顔を見せていたので、ちょっと妬きました(笑)」とか。

谷原さん、北川さんの後に、“チーム・ブサイク”として紹介された塚地さんは、「こんなにブサイク、ブサイクと言われることもないので戸惑いもありますが…数いるブサイクの中で選ばれたということで、ブサイクなりにブサイクな演技をやっているので観てください」と自らブサイクを連呼。そんな塚地さん、学生時代の苦いナンパ経験を思い返し、ハンサムになれたら「ナンパに成功してみたいですね。『ちょっとお茶いいかな?』『ハイ』みたいな」と野望を語った。すると谷原さんが「僕はナンパしたことないですよ。こっちから声をかけなくても向こうから来ますから」とあっさり斬って捨て、塚地さんは面くらった様子。だが、さらに司会者から「ブサイクの得とは?」と追撃され、遂に「一つもねーよ!」とブチギレ。「ブサイクだからこそ何かの力でモテなきゃあかんと、お笑いになりました。私はブサイクだったからこそ、ここまで来れたわけです! これからもブサイクな人生を送ります!」と真っ赤な顔で訴えかけ、爆笑と拍手が送られた。“キュートなブサイク”橋野本江役の大島さんは、谷原さんと塚原さんとどちらが好みかという質問で、聞き終わる前に「谷原さん!」と即答。「塚地さんは自分に似ていて鏡を見ている感じなので、谷原さんの方が。遺伝子を欲していると、そういう話です」。しかし、やっぱり眼中にいるのは一人だけ? 鈴木さんの脚本を絶賛するや「(鈴木さんが)もちろんハンサムです!」と高らかに言い切り、最後までいまだに新婚ほやほやのような熱愛ぶりだった。

“レッツ・ハンサム!”を合言葉に、爆笑の興奮に包まれたまま舞台挨拶は終了。谷原さんと塚地さんの絶妙なコンビ芸が光る『ハンサム★スーツ』は、11月1日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top