ドレスコード付き『SATC』試写会でゲスト3人が魅せたそれぞれの“キャリー”!

最新ニュース

『セックス・アンド・ザ・シティ』トークショー付き特別試写会に登場した渡辺佳恵さん(右)と仁香さん(中央)と司会の伊藤さとりさん。
  • 『セックス・アンド・ザ・シティ』トークショー付き特別試写会に登場した渡辺佳恵さん(右)と仁香さん(中央)と司会の伊藤さとりさん。
過激で奔放な大人の女性の本音と最新のファッションで世界中の女性を魅了した人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ(以下SATC)」がついに映画化。8月8日(金)に女性を対象にした本作の特別試写会が開催された。上映前にはファッション・プロデューサーの渡辺佳恵、「美人百花」、「VERY」などで活躍中の人気モデル・仁香、そして映画パーソナリティーの伊藤さとりによるトークショーが行われ、劇中さながらのガールズトークに会場は大きな盛り上がりを見せた。

この日の試写会はドレスコードが設けられ、客席は色鮮やかに着飾った人々であふれた。ゲスト3人も鮮やかにドレスアップ。偶然ながら3人ともサラ・ジェシカ・パーカー扮するキャリーを意識したとのこと。気になるブランドは、仁香さんは「DOUBLE STANDARD CLOTHING(ダブルスタンダードクロージング)」の「SOV.(ソブ)」のプリンセスラインのかわいらしいドレス、渡辺さんは「GRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)」の真っ赤なドレスに「イネスティマーブル」のブレスレットとピアス、そして2人とも「モスキーノ」の靴で登場。伊藤さんは、ピンクの「misaharada」(CA4LAショールーム)の帽子に「rebecca taylor(レベッカテイラー)」のシルクトップスで正統派“キャリースタイル”。キャリーを意識しながらも、それぞれに異なるスタイルを見せ、客席のあちこちから「きれい」、「かわいい」といった声が聞こえてきた。

仁香さんは劇中の4人組のファッションについて「友達同士で服のスタイルって似てくるものですが、この4人はそれぞれの個性がしっかりしている。だから観る方も『私はこの人!』という感じで楽しめるんですよね」とコメント。

渡辺さんは、ファッションの色使いについて「日本の女性は、年を重ねると地味な色を着てしまいがちですが、逆に年を重ねた女性が明るい色を着るとパッと華やかな雰囲気になるんです。映画の中でもみんなカラフルですね。日本の女性もぜひ明るい色に挑戦してほしい。特に、ピンクはいろんなトーンがあって、女の人を一番きれいに見せてくれる色なんです。ピンクの中で自分の肌に合うものを選んで着るといいと思います」とアドバイスを送ってくれた。

この日はトークに加え、劇中の4人も愛用のブランド「マノロ・ブラニク」の靴と、化粧品ブランド「NARS(ナーズ)」の秋のメイクセットがそれぞれ1名にプレゼントされる抽選会も行われ、会場は興奮に包まれた。

最後に、2人からこれから映画を観る人に向けてこんなメッセージが送られた。「基本的にはクスクスと笑わせて、『分かる!』って思わせてくれる感じなんですが、3回は泣いてしまうと思います。私も一度観て、あと4回は観たいと思いました」(渡辺さん)、「ドラマのときからずっと見てましたが、4年ぶりの再会に泣き笑いの連続でした。『SATC』が好きな方にとっては、特に深い内容になっていると思います。ぜひ堪能してください!」(仁香さん)。

『セックス・アンド・ザ・シティ』は8月23日(土)より日劇3ほか全国東宝洋画系にて公開。8月16日(土)、17日(日)には先行上映が実施される。

『セックス・アンド・ザ・シティ』特集
http://www.cinemacafe.net/special/satc/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top