「面白がってくれればいい」あの河崎監督とタッグを組んだイケメン・加藤和樹の演技論

最新ニュース

『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』 加藤和樹
  • 『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』 加藤和樹
  • 『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』 加藤和樹
  • 『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』 加藤和樹
「ミュージカル・テニスの王子様」や「仮面ライダーカブト」、TVドラマ「ホタルノヒカリ」などに出演し“イケメン”の部類に入る活動を続けてきた加藤和樹。デビューと同時に歌手活動を開始し、本人も「基本はミュージシャン」と語る加藤さんが河崎実監督作品の『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』で真面目なカメラマンを演じた。河崎監督と言えば、『ヅラ刑事』『日本以外全部沈没』など、“河崎ワールド”とも言える独特のコメディ作品を発表し続けている監督。加藤和樹×河崎実──その実態を加藤さん本人に聞いてみた。

同じく河崎監督の『髪がかり』がきっかけで本作への出演が決まった。
『髪がかり』の台本を読んだときに、いままでの自分になかったキャラクターだったので、これをやったら面白いだろうなと思ったんです。河崎監督の作品、すごく好きだったんですよ。『ヅラ刑事』も観てますし、『日本以外全部沈没』も…(笑)。『髪がかり』のときに“また一緒に仕事をしたいね”って話していたんです。そうしたら“『ギララの逆襲』っていう作品があるんだけど出てよ”って。僕も出たいと思ったんですよ。河崎さんが『ギララ』って怪獣映画をどうやって撮るんだろうって興味があったんです」。

アーティストとしての活動も続けている加藤さんにとって演技とは?
「アーティストと役者って似てる部分もあるんですけど、やっぱり違うものだと思うんです。演じることって自分じゃない誰かの気持ちを自分自身を通して伝えるもの。演じているのは自分なんだけど、それは自分の本心ではなくて演じているキャラクターの気持ちなんですよね。そこが大きな違いだと思うんです。アーティストとして歌っているときは、自分自身の言葉で自分自身が歌いたいことを歌って表現しているんですよ。でも、演じることはすごく好きですね。“自分だったらこうするのに”、“僕だったら、こんなこと思い浮かばない”と思うことがたくさんある。自分じゃない誰かの気持ちを表現できるってすごく面白いことですよね」。

だからといって、コメディ&パロディに走らなくてもいいだろうに。素直にその思いを伝えると…
「河崎監督って自分にないものを引き出してくれるんです。だから、この人と仕事したら絶対面白いだろうなと思ったし、これまでに感じたことのない感情とか、やったことのないことができるんじゃないかっていう楽しみがすごくあるんです。イメージが変わっちゃうとか、そういう心配は全然してないですよ。そこは役者としての活動だと割り切ってやってます。それがアーティスト活動に影響しようがしまいが関係ないと思うんです。確かにファンの人たちはビックリすると思うけど(笑)、“こんなことをやるんだ”って面白がってくれればいいなと思うんですよね。河崎監督にも“普通のイケメンはごまんといる。でも普通じゃないことをやるからこそ光るんだよ。だからこそ、今後もやってほしい”と言われました(笑)」。

いろいろな意味で、河崎監督に多大な信頼を寄せているのが分かる。では、その河崎監督との仕事で得たものとは?
「自分の中のキャラクター性ですね。その表現力というか。笑い方一つにしても僕が今まで持ってなかった雰囲気とか…。それは多分、人と接するときとか、ライブ中に出てくるものだと思うんですよね。役者っていろんな表情をするし、その表情って私生活の中でも増えているのかなって気がします」。

今後も河崎監督のオファーには「いやもう絶対に挑戦したい」と目を輝かせて話す。
「“いや、これはちょっと…”っていうものほどやってみたいと思うんです。人がやりたがらないものを自分がやったらどうできるのかなって思うから」。

今後も、驚くようなイケメンぶりを見せてくれそうだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top