『ポニョ』興収100億突破の次は1,000万人動員、ヴェネチアでの活躍にも期待!

最新ニュース

『崖の上のポニョ』 -(C) 2008 二馬力・GNDHDDT
  • 『崖の上のポニョ』 -(C) 2008 二馬力・GNDHDDT
7月19日(土)に公開して以来5週連続で興行成績1位をキープしている『崖の上のポニョ』が、公開から31日目となる8月18日(月)に早くも興行収入100億円を突破した。

この31日間の累計は10,135,836,055円、動員は8,435,178人(全国481スクリーン)。邦画の100億突破は2004年11月に公開された『ハウルの動く城』(196億円)以来。洋画でも2007年5月に公開された『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(109億円)以来だと言うから、まさに快挙と言える。

これまでの宮崎駿作品と比較すると、2001年7月に公開された『千と千尋の神隠し』(304億円)の25日という記録が100億突破最短記録。だが、『ハウルの動く城』の33日、『もののけ姫』('97)の43日を上回るハイペース。さらに、8月中には1,000万人動員も達成される見通しだ。

また、北野武監督の『アキレスと亀』、押井守監督の『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』と共に、8月27日から開催されるヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門への出品も決定。一度聞いたら耳から離れない同名主題歌も8月25日付のオリコン週間チャートで4週連続3位を記録するなど、まさに“ポニョ旋風”が吹き荒れる今夏の日本映画界。次はどんな記録・快挙を成し遂げてくれるのか、注目したい。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top