“ハンコック”ウィル・スミスと朝青龍がシャーリーズ・セロンを巡って対決?

最新ニュース

『ハンコック』ジャパンプレミアにて 主演ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン、朝青龍関
  • 『ハンコック』ジャパンプレミアにて 主演ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン、朝青龍関
  • 『ハンコック』 ウィル・スミス
  • 『ハンコック』 シャーリーズ・セロン
スーパーパワーと不死身の肉体で人々を守るヒーロー…のはずが、やり過ぎて周囲に被害を与えてしまう上に酒グセが悪いとあって、みんなに嫌われているジョン・ハンコック。これまでにないヒーローの姿を描き、全世界でヒットを飛ばしている『ハンコック』が8月30日(土)より日本でも公開される。これに先立ち主演のウィル・スミスとシャーリーズ・セロンが来日。8月21日(木)、ジャパンプレミアが開催された。

大歓声に迎えられてレッドカーペットに登場したウィルとシャーリーズ。カーペットの先には、原寸大の自動車の模型が展示されており、当初、ウィルが劇中さながらにこれを持ち上げるパフォーマンスを披露する予定だった。だが、突風が吹いて数千万円をかけてドイツから取り寄せたという自動車の模型は大破してしまった。ウィルは、このハプニングにも笑顔で「もちろんこれもハンコックのスーパーパワーが起こしたのさ」とジョークでフォロー。直後の舞台挨拶にも、ノリノリで「ウアァーーー!!」と言葉にならない雄叫びを上げながら壇上へ上がり「ミンナ元気?」と挨拶。さらには得意のボイスパーカッションまで披露し喝采を浴びた。一方のシャーリーズもウィルに負けていない様子。ウィルがシャーリーズとの共演について「前に共演したときから、彼女とはピッタリくると感じたんだ。こうして一緒に仕事が出来て夢が叶ったよ」と最大限の賛辞を贈るも、彼女は冷静な表情で「まあ、あなたの言葉を信じるわ」。さらに「確かに私たち、キャリアを積んで成熟したと言えるかも。でも着る物は良くなったけど、お互いやってることのバカさ加減は変わらないわね…」と自虐気味なコメント。この言葉通り(?)、ここからの2人のやり取りはまるで漫才のよう。

ウィルが「僕が初めて来日したのはもう20年も前になるよ」と懐かしさを込めてふり返ったかと思うと、シャーリーズが「あなたって年寄りなのね。私はその頃きっとまだ生まれてないわよ」と返す。ちなみにシャーリーズはこの日、自分が10代であると執拗に主張していた。さらにウィルが「映画を作る側が『楽しい』と感じながら作れば、それはスクリーンに表れるもの。常に“驚き”があるってことが僕にとっては大事なことだよ」と“真面目に”語ったかと思えば、シャーリーズは「私は自分がセクシーに見えれば十分なんだけどね」とピシャリ。2人のやり取りに会場は大きな笑いに包まれた。さらに、この日は以前からウィルとは面識がある横綱・朝青龍関が登場し、会場を盛り上げた。

シャーリーズはウィルと朝青龍関、どちらが好みかと聞かれると少し悩んだ挙句「2人とも、私のために戦いなさいよ!」と男たちを鼓舞。たまらずウィルが「TVカメラの前で僕に負けろって言うの?」とすがりつくも、シャーリーの答えは非情にも「Yes!」。さらにはシャーリーズ自ら、シコを踏むような動きを見せ勇敢にも相撲で朝青龍関に勝負を挑もうとする一幕も! 

朝青龍関はウィルとの再会に笑顔を見せ「ハンコックには力では絶対に勝てそうにないけど、お酒なら勝てるかも(笑)」と語り、ウィルに飲み比べで勝負を持ちかけた。司会者から「ハンコックは強いのに“嫌われ者”ですが…」と際どい問いかけを投げられると、苦笑いを浮かべながら「自分と似たものを感じますが…最後に愛される人物になれればいいんじゃないですか」と答えてくれた。さらに、朝青龍関はウィルにはガラスの箱に入った、横綱の綱を模した置物を、シャーリーズには漆塗りの皿をプレゼントした。

最後に、詰めかけた観客に向けてシャーリーズとウィルから「これが最後の挨拶ではなく、またすぐに日本に戻ってくるわ!」(シャーリーズ)、「これからもみんなが楽しみ、触発される作品を作り続けることを約束するよ。アリガトウゴザイマス!」(ウィル)とメッセージが贈られ、ジャパンプレミアは幕を閉じた。

『ハンコック』は8月30日(土)より丸の内ピカデリー1ほか全国にて公開。8月23日(土)、24日(日)には先行上映が実施される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top