『スカイ・クロラ』に続き、押井守が初の実写TVシリーズ「ケータイ捜査官7」を制作!

最新ニュース

「ケータイ捜査官7」で初の実写TVシリーズを手がけた押井守監督
  • 「ケータイ捜査官7」で初の実写TVシリーズを手がけた押井守監督
8月27日(水)より始まるヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品される『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』。監督を務めた押井守が『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』に続く最新作で、自身初となる実写のTVシリーズ「ケータイ捜査官7」のエピソードを手がけ、近日TV放映されることが分かった。

「ケータイ捜査官7」は主人公の高校生・網島ケイタが、ネット犯罪を捜査する組織「アンダーアンカー」のエージェントとして活躍する姿を描いたエンターテイメント作品。本格的な映像を特徴とし、三池崇史がシリーズ監督を務める。押井監督が担当したのは8月27日(水)、9月3日 (水)に放映される「圏外の女」というエピソード。劇中、ケイタが旅の道中で出会うミステリアスな女性・お七を『スカイ・クロラ』にも声優として出演している安藤麻吹が演じる。押井監督は「三池さんの映画が好きだったこと。そして安藤麻吹という女優と一緒に仕事をしてみたかった」という2点を今回のオファーを引き受けた理由として挙げた。

放映日がともにヴェネチア国際映画祭の開催期間中だというのも何かの縁かも? これまで、金子修介や鶴田法男ら錚々たる顔ぶれが各話で監督を務めてきたが、押井監督が「ケータイ捜査官7」に新たな1ページを刻んでくれそうだ。

「ケータイ捜査官7」
http://www.tv-tokyo.co.jp/k-tai7/
毎週水曜日19:00〜テレビ東京系列にて放送中。
※「圏外の女」は8月27日(水)、9月3日(水)に放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top