ミムラが舞台挨拶で『寿限無』披露 津川雅彦は『ロッキー』に負けじと落語挑戦?

最新ニュース

『落語娘』初日舞台挨拶に登壇した津川雅彦、ミムラ、中原俊監督。
  • 『落語娘』初日舞台挨拶に登壇した津川雅彦、ミムラ、中原俊監督。
  • 『落語娘』初日舞台挨拶にて ミムラ。
  • 『落語娘』初日舞台挨拶にて 津川雅彦。
女だてらに落語の世界で奮闘する駆け出しの前座・香須美と、その破天荒な師匠で落語界の異端児・平佐。ある日、平佐が“禁断の落語”と称され、演じた者は命を落とすという「緋扇長屋」をやると言い出したから周囲は大騒ぎ! デコボコ師弟の一世一代の大勝負を描いた『落語娘』が8月23日(土)、公開初日を迎えた。シネスイッチ銀座で行われた初日舞台挨拶に主演のミムラと津川雅彦、中原俊監督が登壇した。

主人公の香須美を演じたミムラさんは、劇場に詰めかけた満員の観客に「雨もちらほらと降る中お越しいただいてありがとうございます。こうしてお客さんの顔を見てホッとしています」と挨拶。今回の仕事を受けるまで、寄席に行ったこともなかったと言うミムラさん。「撮影が始まる前から、柳家喬太郎師匠の元で学ばせていただいたんですが、最初の稽古のときに『何て面白いんだ!』と感激しました。それまでは『難しそう』、『怖い』という気持ちでしたが、こんな面白いものに携わることができるなんて、という思いで撮影が楽しかったです。芝居の面では津川さんに、落語では喬太郎師匠にご指導いただき、本当に勉強になりました」と笑顔でふり返った。司会者に促されて、ミムラさんは劇中でも見せる「寿限無」の一節を壇上で披露し大きな拍手を浴びた。本人は、この日の出来映えに少し納得がいかなかったようで「劇中では最高の状態となってますのでご期待ください!」と苦笑交じりに語った。そして「こんなに公開が楽しみな映画は初めてです。みなさんの心にも楽しいものが残れば嬉しいです」と語りかけた。

平佐師匠を演じた津川さんは「雨の話をしようと思ったら、先にされちゃいました。まあ、ほかにも話すことはあるからいいですが…。この映画館は私(=マキノ雅彦)の『寝ずの番』という映画を封切った映画館なんですが、落語に向いてますよ」と壇上でも劇中で見せる落語のような語り口で挨拶。

実は津川さん、落語家の役を演じるのに最初はあまり乗り気でなかったとか。「落語ってのは難しくて嫌なもんです。何百年という年季の入った伝統芸ですから、俳優が一朝一夕でできるもんじゃない。初めは『68歳にもなって落語もないだろう。もっと楽なことやろうよ。やめだっ!』って言ってたんです。でもその晩『ロッキー・ザ・ファイナル』を観ちゃってね…。ボロボロ泣けちゃって『60歳過ぎて挑戦すつやつはすごい!』って。“津川・ザ・ファイナル”でもやるかって思って引き受けたんです」と平佐役を引き受けるに至る経緯を語ってくれた。そして観客に向かっては「まあ“お代は見てのお帰り”と言いたいところですが、もし気に入らなかったら、僕に言ってください。100円とか200円くらいならお返ししますよ」。こののらりくらりとした“津川節”に会場は笑いに包まれた。

中原監督は「津川さんは落語の部分を『覚えられないよ』と言っておいて、当日は見事に丸暗記してました。それから津川さん、実はこの映画で脱いでます!」と意外な見どころを教えてくれた。

最後には津川さんから「師弟愛を描いてはいますが、高尚なもんじゃなくて下心いっぱいの師弟愛。何もしてないのに師弟愛(笑)!」とダジャレまで飛び出し、上映前から劇場は拍手喝采に包まれていた。

『落語娘』はシネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋、新宿ミラノ3ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top