ブランジェリーナ、育児手当はやっぱり受け取らない?

最新ニュース

8月26日に息子たちとヴェネチア入りしたブラピ -(C) Getty Images/AFLO
  • 8月26日に息子たちとヴェネチア入りしたブラピ -(C) Getty Images/AFLO
7月に双子が誕生し、子供6人の大家族になったブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー。現在暮らしている南フランスの村に住民票を登録したことから、フランス政府から育児手当が支給されることになったと報じられたが、どうやら2人はこの給付を受け取るつもりはないようだ。

オランダの新聞「De Telegraaf」紙による第一報で、ブランジェリーナは育児手当として毎月1,750ユーロ(約28万円)を支給されるとされていたが、この額も間違いで、6人の子供たちに対して支払われるのは毎月730ユーロ(約12万円)前後だという。

子供の多い家庭に対して、様々な機会に「大家族割引」を設けているフランスでは、幼い子供のいる家庭には等しく育児手当が自動的に支給されるが、これはフランス国民の家庭に限ったもの。フランス在住の外国人家庭については、必要な書類の提出があった場合のみ支給されるというが、ラジオ局「RTL」の取材を受けたナディーヌ・モラノ家族担当閣外大臣は「私自身が確かめましたが、彼らは手当の申請をしていません」と明言。「彼らが私たちの国で家族手当を申請するとは思いません」とも述べた。

この件についてはノーコメントを貫いているブランジェリーナだが、ヴェネチア国際映画祭に登場したブラッド・ピットは記者会見で「来年までにはもう2人子供を作るよ」と冗談とも本気ともつかない発言をしていたそうだ。



8月26日にヴェネチア入りしたブラピと息子のパックス。ヴェネチアには長男のマドックスも同行している。アンジェリーナ一家の女性陣はお留守番?

© Getty Images/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top