マイペース真木よう子、禁断の秘密を暴露? 『フライング☆ラビッツ』完成披露

最新ニュース

『フライング☆ラビッツ』完成披露イベントにて(左より)堀内敬子、渡辺有菜、真木よう子、石原さとみ、滝沢沙織、酒井彩名、鹿谷弥生
  • 『フライング☆ラビッツ』完成披露イベントにて(左より)堀内敬子、渡辺有菜、真木よう子、石原さとみ、滝沢沙織、酒井彩名、鹿谷弥生
  • 『フライング☆ラビッツ』主演の石原さとみ
  • 『フライング☆ラビッツ』 真木よう子
オリンピック選手も輩出している実在のバスケットボールチーム、日本航空女子「JALラビッツ」をモデルに、キャビンアテンダント(CA)とバスケットボール選手を両立しながら活躍する女性たちを描いた『フライング☆ラビッツ』。9月13日(土)の公開に先立ち、8月28日(木)、都内・新宿バルト9にて本作の完成披露イベントが行われ、主演の石原さとみ、真木よう子、滝沢沙織、渡辺有菜、鹿谷弥生、酒井彩名、堀内敬子、瀬々敬久監督、そしてJALラビッツの選手らが登場した。

この日、チケットロビーには特設の実物大バスケットコートが設置され、キャスト陣がCAの制服姿で登場。一目見ようと多くの観客が詰めかける中、石原さん、真木さん、滝沢さんの3人が劇中さながらのシュートを披露した。見事、シュートを決めた石原さんは「すごいプレッシャーで“ここで!?”と思いましたが、一生懸命やりました」とニッコリ。今回石原さんが演じたゆかりは、バスケも仕事も恋も全てがんばるという前向きな女性。自身との共通点がかなり多かったそうで、「好きだからこそがんばれる。努力は全然苦じゃないので、私も全部、全力投球します! 彼女の姿が、みなさんの背中を押すことが出来れば嬉しいです」と語った。

石原さんと同じく、ゆかりのセリフに心動かされたという滝沢さんは、ゆかりのチームメイト・水野樹を熱演。本作の見どころとキャスト陣が口をそろえるOG選手との試合シーンで、滝口さんはその長身を活かしてガチンコプレイを見せるが、「体力もないし、スピードには追いつけなかったのですが、必死にがんばるしかないと思って食らいついてました!」と当時の興奮を思い起こしながら語った。これにはJALラビッツの矢代選手も「女優魂を体で感じるくらい迫力があった」と大絶賛。

石原さん扮するゆかりと同姓同名の、もう一人の早瀬ゆかり役の渡辺さんは、「初めての映画でしたが、みんなと力を合わせて作った熱い熱い作品です」と初々しく挨拶。“ラビッツ”メンバー・藤野弥生役の鹿谷さんも「みんなが大好きなので、また会えてよかった!」とキャストとの再会を喜ぶと、先輩女優陣は温かい眼差しを向けていた。

コートの外からラビッツメンバーを見守るのはこの2人。新人CAの相原芽久美役の酒井さんは、「小さい頃からCAになるのが夢でした。制服をお家に持って帰りたいです(笑)」と話せば、客室訓練教官・藤代敦子役の堀内さんは、久しぶりの制服姿に「一年前の厳しかった自分を思い出しました。みんなを見守る気持ちでいっぱいです」とコメントした。


役柄同様、ラビッツメンバー随一のクールさ、そしてマイペースぶりを発揮したのは垣内千夏役の真木さん。コートでは華麗なシュートを決めるも、トークの場ではいきなり石原さんの役名を「何役だっけ…?」とど忘れする場面も。さらにバスケシーンの話に及ぶと、「(プロの技について)すっごいですよね…。人間業じゃないというか。私もすごくがんばったんですが、一部吹き替えです」と暴露してしまい、ほかのキャスト陣をハラハラさせた。そんな真木さんだが、「好きなことなら全部がんばれるか?」との質問に、石原さんとは対照的に“一個集中型”と断言。「好きなことは沢山ありますが、いまは仕事が一番なので、ほかの好きなことは息抜き程度にしてます」とクールに語った。そして、最後に個性あふれる美人キャストたちをまとめた瀬々監督。「バスケットボールを通して、生きる喜びを感じられる映画を作りました。出演者のみなさんが輝いているので、そこを見ていただきたい」と呼びかけた。

爽快なバスケシーンに注目の『フライング☆ラビッツ』は9月13日(土)より全国東映系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top