ジョニー・デップ、チャリティ・ライヴでステージに立つ!

最新ニュース

昨年1月(写真)に続き開催されたコンサートにジョニー・デップが参加 -(C) Getty Images/AFLO
  • 昨年1月(写真)に続き開催されたコンサートにジョニー・デップが参加 -(C) Getty Images/AFLO
8月29日、30日、31日に、フロリダ州ポンパネロ・ビーチで「Sheila Witkin Memorial Concert II」が行なわれ、ジョニー・デップがかつて組んでいたバンド「The Kids」のメンバーと共にステージに立った。

1978年、フロリダの高校生だったジョニーが友人たちと結成したThe Kidsのマネージャーだったシーラ・ウィトキンを追悼するために開催されたライヴで、昨年1月に行われた第1回公演にもジョニーは参加していた。今回はNFL(National Football League)のマイアミ・ドルフィンズの元選手で、自閉症の息子を持つダン・マリノ氏が設立した児童基金へのチャリティも兼ねている。

旧友たちとジョニーは座席数2,800のクラブ・シネマで、バンドのオリジナル・ナンバーやザ・ロネッツの「ビー・マイ・ベイビー」など、90分のセットを演奏した。Tシャツに破れたジーンズ、ネルシャツを腰に巻くという定番の普段着姿でギターを弾くジョニーは、心から楽しそうな表情を見せていた。

客席にはパートナーのヴァネッサ・パラディと9歳になる娘のリリー・ローズの姿もあり、リリー・ローズは父の雄姿を使い捨てカメラで激写していたそうだ。



写真は昨年の1月に開催されたコンサートの模様。

© Getty Images/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top