「ダウニー一人で一生懸命プロモーションしてます!」日本大好きな“アイアンマン”

最新ニュース

『アイアンマン』の記者会見に出席したロバート・ダウニーJr.
  • 『アイアンマン』の記者会見に出席したロバート・ダウニーJr.
全米では5月2日に公開され、週末の3日間で興行収入1億ドルを突破。公開4か月ですでに3億ドルを超えるメガヒットとなっている『アイアンマン』が、ここ日本でも9月27日(土)にようやく公開される。この公開に先立ち、主演のロバート・ダウニーJr.が来日し、記者会見を行った。その人柄が感じられるようなユニークな受け答えに会場は終始笑いっぱなしだった。

「日本に来ることができて本当に興奮しています!」と開口一番、満面の笑みを見せたロバートは、今回が15年ぶりの来日。いわゆる“ヒーローもの”の作品への出演は本作が初めてだが、その点について、「誰も観てくれない映画に出るのに飽き飽きしてたんだ(笑)」とマスコミを笑わせた。本作の魅力については「ヒットした大きな理由は女性にウケたことだと思うよ。この映画には『母と行った』、『娘と行った』と、たくさんの女性が観てくれたんだ。それから、男の人はクモにかまれる(『スパイダーマン』)ようなスペシャルな出来事がなかったとしても、技術によってスーパーヒーローになれるってところが魅力なんじゃないかな」と分析した。

すでに続編も決定しているが、その続編について聞いてみると、「ジョン(・ファヴロー監督)と話したんだけど、“アイアンマン”というスーツの中に入っている人間の部分を掘り下げていく作品なると思うよ」とのこと。また、「スーツがDNAに組み込まれていて、一瞬にしてスーツを着れるというエピソードがカッコイイのでやりたいけど…パート3かな(笑)」と、原作コミックの中で映画にしたいエピソードについても語った。

最後に、「この作品はジョン・ファヴロー監督、マーベル・コミックにとっても僕にとっても愛情を込めて作った大事な作品です。いままで私が出たどの映画とも違うけど、本当に良い反応をもらっています。実は私は日本に来たくて仕方なかったんです。夏休みが終わる頃にやっと公開ということで、僕のほかには誰も(日本に)来ませんでした。だから私一人で、ダウニー一人で、この映画を一生懸命プロモーションしているわけです。私は日本が大好きです。文化も映画も音楽も大好きです、今回は時間がないんですけど、次に来るときはできれば子供を連れてきて、日本全国を周りたいと思っています。今日は本当にありがとうございました」と、ファンにとっては嬉しいメッセージを残して会見は終了した。

ロバート・ダウニーJr.の魅力が満載の『アイアンマン』は9月27日(土)より日劇3ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top