小泉今日子&監督は“楽しい”のに上野樹里は“大泣き”の『グーグーだって猫である』

最新ニュース

『グーグーだって猫である』初日舞台挨拶にて(左から)犬童監督、上野樹里、小泉今日子、加瀬亮、林直次郎
  • 『グーグーだって猫である』初日舞台挨拶にて(左から)犬童監督、上野樹里、小泉今日子、加瀬亮、林直次郎
  • 『グーグーだって猫である』初日舞台挨拶にて 小泉今日子
  • 『グーグーだって猫である』初日舞台挨拶にて 上野樹里
吉祥寺で暮らす天才漫画家の麻子さんと愛猫との日々を描いた『グーグーだって猫である』。少女マンガの巨匠・大島弓子の同名マンガの映画化となる本作が9月6日(土)に公開初日を迎え、麻子さんを演じた小泉今日子を始め、上野樹里、加瀬亮、林直次郎、犬童一心監督が舞台挨拶に登壇した。

「やっとこの映画が出来上がりまして、こうやってみなさんに観ていただける日が来たことが、いまとても嬉しいです」と挨拶した小泉さん。主演映画は3年ぶりだが、「とても楽しい日々でした。犬童監督のもとでのびのびと、役と自分の境界線とが曖昧なところで、役の気持ちと自分の気持ちがいつも寄り添っていて、カメラが回っていても回っていなくても、その雰囲気が変わらないというか、それがそのままこの映画の楽しさになっているような気がします」と語った。

麻子さんの恋人候補となる青自(せいじ)を演じた加瀬さんは、大島弓子さんの大ファンだそう。「相手が小泉さんですし、いつも自分がやっているような暗くてもじもじした感じだと好きになってもらえそうになかったので(笑)、自分なりに男らしく潔くやるように気をつけました」と、そのキャラクターについて解説した。

「この映画はもうずいぶん昔に作ろうと始めて、もう4年くらい前なんですけど、この日が来たと思うとすごく感無量です」と挨拶したのは犬童監督。「小泉さん、上野さん、加瀬くん、直次郎くんなど、見てるだけでもすごく楽しくなれる人たちが毎日いてくれて、吉祥寺というすごく居心地の良い街で撮影してました。僕はそこに通うことがとても幸せで、その楽しい日々がそのまま映画にならないかなと思っていました」と本作への強い思い入れを感じさせた。

麻子さんのアシスタントのナオミを演じ、同じくアシスタント役の森三中とともに、“森四中”と呼ばれていたという上野さんは村上さんに「これでもう二度と会うこともないね」と言い捨てられて大泣きしたそう(笑)。「小泉さんとグーグーのリアルな空気感を感じていて、それをありのままお客さんに伝えられたと思うので良かったです。小泉さんが実際に猫と暮らしているからこそのあの感じがあったので、ナオミを演じることができました。麻子先生がガンだと分かったときは本当に悲しくて大泣きしました」と、撮影中も、撮影後も“大泣き”していた作品だったようだ。

ナオミの彼氏を演じたのは本作が映画出演2作目となる林さん。「本当にみなさん大物で(笑)、ずっと緊張していました。この撮影で2cmくらい心臓が縮みました。いきなりラスボスと対決する感じで(笑)、経験値が足りなかったです」と、撮影をふり返り、壇上、会場ともに笑いを誘っていた。

最後には壇上に猫のグーグー親子が登場。観客のみならず、マスコミからも「かわいい!」と声が上がっていた。

「もし映画が良かったら、原作の『グーグーだって猫である』も楽しいので、そちらも読んでもらえたらなと思います」(監督)、「本当に楽しい撮影でしたし、映画の中にも確実にその時間が映っていると思います。楽しい気持ちは瞬間的であっても、それは絶対人に伝わると思うんですね。だから、ニコニコしながら劇場を出て行ってください」(小泉さん)と、“楽しい”がキーワードの『グーグーだって猫である』は、シネマライズほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top