“ショップ店員”柳原可奈子VS“田中邦衛”モードの竹中直人に吉永小百合爆笑!

最新ニュース

『まぼろしの邪馬台国』キャンペーンバス出発式。(左から)堤幸彦監督、竹中直人、吉永小百合、柳原可奈子。
  • 『まぼろしの邪馬台国』キャンペーンバス出発式。(左から)堤幸彦監督、竹中直人、吉永小百合、柳原可奈子。
邪馬台国に魅せられた盲目の郷土史家・宮崎康平と彼を支え続けた妻の和子。2人の邪馬台国探求の旅路を描いた感動の実話『まぼろしの邪馬台国』が11月1日(土)に公開を迎える。これに先駆け、キャンペーンバス“まぼたい号”が全国およそ20か所を巡るキャンペーンが9月18日(木)よりスタート! 同日、まぼたい号の出発式が、主演の吉永小百合と竹中直人、柳原可奈子に堤幸彦監督を迎えて行われた。

まぼたい号は2階建てのロンドンバスを改造したもので、内部には撮影で実際に使われた小道具や撮影現場のスナップ写真が飾られているのに加え、吉永さんの113本に及ぶ出演映画の紹介やブロマイドを展示。さらに吉永さんのリリースした歌謡曲集の貴重な特別映像が放映されているとのこと。

吉永さんはバスの内部を見学して「私たちの気持ちを乗せて走ってくれると思います。私もまぼたい号に負けずに宣伝をがんばりたいです」と語った。竹中さんは、バスの外にプリントされた写真を指して「こんなに大きな僕と吉永さんの2ショットにびっくりしてます。横に小さく柳原可奈子が写ってるのが納得いきませんが(笑)」と嬉しそうな表情を見せた。

柳原さんは「ギャルの間で“まぼたいブーム”を起こしたいです!」と力強く語り、堤監督も「この映画は、去年からずっと作業を続けてきて、本日の明け方にようやく完成しました。これからどんどん宣伝していきたいです」と決意を語った。

吉永さんに竹中さんとの共演について尋ねると「竹中さんというより、もはや康平さんという感じですね。すごく楽しかったです」と撮影をふり返った。竹中さんも「実は吉永さんはとってもお茶目な方なんです。もっと早く出会っていれば…」とかなり本気モード! 吉永さんも「もっと早く出会ってれば…ですね」と笑顔で応えた。

映画初出演にして、吉永さんとの共演を果たした柳原さんは「父がそれを聞いて『でかした!』と喜んでました」と語り、さらに報道陣からの要望に応えて、お得意のショップ店員モードで「んー、そうだな。まぼたい号ってすごくパキっとした赤なんで〜、目立つと思うし…」と喜びを表現。この芸へのコメントを求められた竹中さんが負けじと田中邦衛さん風の口調で「若い子を見つめるような気分だな〜」と語ると、2人の間に立つ吉永さんは大爆笑。にぎやかな雰囲気の中でまぼたい号はキャンペーンに向けて旅立った。

今後、竹中さんと吉永さんも全国20数か所を回る予定。『まぼろしの邪馬台国』は11月1日(土)より全国東映系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top