吉高由里子「役作りの話し合いは密室でしっとりと(笑)」 『蛇にピアス』公開

最新ニュース

『蛇にピアス』初日舞台挨拶。左から蜷川幸雄監督、吉高由里子、高良健吾、ARATA。
  • 『蛇にピアス』初日舞台挨拶。左から蜷川幸雄監督、吉高由里子、高良健吾、ARATA。
  • 主人公のルイを演じた吉高由里子。
  • アマ役の高良健吾とシバ役のARATA。
痛みからしか生きる実感を得られない若者たちの姿を描き、女性読者の圧倒的な支持を受けた金原ひとみの芥川賞受賞作を映画化した『蛇にピアス』。本作が9月20日(土)に公開を迎え、舞台挨拶に主演の吉高由里子、高良健吾、ARATA、そしてメガホンを取った蜷川幸雄が登壇した。

ボディピアスや刺青などの身体改造にとり憑かれた主人公・ルイを演じた吉高さんは「緊張しています。今日、こうして作品をお客さんに受け渡すことでやっとこの仕事が終わる気がします。まだ、終わってホッとしたという感じはしないんですが…」と初日を迎えた感想を語った。初主演の現場について「長い死闘で、全てが大変でした。他人と話し合いながら役を作っていくのも初めてでしたので…」と語ったが、具体的にどんな風に話し合ったのか聞いてみると「まずは部屋の窓を閉めて、カーテンを閉め、静かにしっとりと語り合いました(笑)」と小悪魔的な笑みを浮かべた。蜷川監督の印象を尋ねてみると「作品を根っこから愛してらっしゃる方です。外見ではなく中身を見つめていて、メンタルな部分からえぐり取られるような感じがしました」と語り、さらに「共演者やスタッフ、蜷川監督に救われてここまでやることが出来ました」と感謝の言葉を口にした。そして、これから映画を観る観客に向けて「私の生命力が最も強い時期に撮った作品で、観る側もすごく体力が要る映画になってます」とアピールした。

蜷川監督は「この才能ある3人をどう演出しようかと思い、最初の3日間ぐらいは“登校拒否”したくなるほど緊張してました」と明かしたが「ただ、3人はとてもチームワークが良くて、僕が何も言わなくても自分たちで役を作っていった。僕はそれを盗み撮りするかのように密やかに撮っていきました」と俳優陣を称えた。

ルイの恋人・アマ役の高良さんは「これまでとは違った挑戦をした作品であり、俳優として大きな財産をいただきました。これまでは『嫌だな』という気持ちになることもあったんですが、この作品で初めて現場を楽しいと思えるようになりました」と強い思い入れを語った。

サディスティックな彫り師・シバ役のARATAさんは「とても心地良く、刺激のある優しい映画です」と作品について語った。蜷川監督について当初「力強いイメージがあった」と言うが「実際にお会いすると監督はとても繊細で、すごく丁寧に撮影してくださりました」とふり返った。さらに監督同様、現場での俳優陣のチームワークを強調。「(吉高さん、高良さんと)3人で助け合った温かい現場でした。シバという役も僕一人では完成しなかったと思います。僕たち3人が活き活きと芝居し、時に苦労している様を監督がきっちり撮ってくださいました」と語った。

満員の客席からの大きな拍手を浴びながら舞台挨拶は終了。「『最初は本当に撮れるのか? 撮ったものを公開できるのか?』と心配だった」(蜷川監督)という本作だが、こうして無事に船出を迎えた。『蛇にピアス』渋谷シネマGAGA!、シネスイッチ銀座、新宿バルト9、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top