「台本から感じたものをちゃんと伝えたい」『ICHI』に見る綾瀬はるかのこだわり

最新ニュース

『ICHI』綾瀬はるか photo:Shinya Namiki
  • 『ICHI』綾瀬はるか photo:Shinya Namiki
  • 『ICHI』綾瀬はるか photo:Shinya Namiki
  • 『ICHI』綾瀬はるか photo:Shinya Namiki
2002年に『Jam Films』の一編『JUSTICE』でデビューしてから6年──。今年の綾瀬はるかの活躍は実に目覚ましい。映画『僕の彼女はサイボーグ』、『ザ・マジックアワー』、『ICHI』、『ハッピーフライト』の4作が立て続けに公開されるのだ。中でも女版“座頭市”に挑んだ『ICHI』は、盲目の演技に加え殺陣や三味線の習得を要した難役。そこにはどんな苦労があったのか、これだけの活躍をどう捉えているのか、23歳の若手実力派女優の役者魂を探ってみた。

「これまでの市はあまり意識しませんでした」

『座頭市』は勝新太郎の名刺代わりの作品であり、5年前に北野武がリメイクしたアクション時代劇。だが、過去に大御所たちが演じてきたというプレッシャーよりも自身が感じたものを伝えきれるのかという不安の方が大きかったのだという。
「これまでの市はあまり意識しませんでした。瞽女(ごぜ)という設定が新鮮でしたし、最初に台本を読んだときにすごく泣けたんですね。過去の作品に対するプレッシャーというよりも自分が台本から感じたものをちゃんと伝えることができるかどうか、そういうプレッシャーの方が大きかったです」。

「ものすごく泣けた」と話すように、市はいくつもの深い悲しみを味わってきた人間だ。
「市は孤独でとてもすさんでいる女の子。それが十馬と出会うことでまた前に歩いていけるようになるんです。彼女が背負っているものを表現するのは確かに難しかった。でも市と自分に共通している部分を見つけてそれを前面に出すというか…。私も時々ですが何のために女優をやっているんだろうと考えることがあります。そのときの気持ちを市の生きる希望を失った感情に当てはめてみたんです」。そして、市の女性像を語るときに何度も出てきたのが「とても強い女性」という言葉。もちろん内面的な強さを言っているのだが、逆手居合い斬りの達人という意味でも市は強い。

そこで、今回初挑戦となる殺陣のアクションについても聞いてみた。
「納刀や慣れ感を出すための基礎練習は大変でしたが、応用が利くようになると楽しくて。殺陣のシーンはいつも楽しみでした。ただ、殺陣の練習は撮影に入る半年前くらいから始めたんですが、その前に『僕の彼女はサイボーグ』の撮影が入っていたので思うように練習できなくて。監督からは『練習さぼりましたね』って言われたことも(苦笑)」。

本格的な撮影が始まる3週間前にみっちり稽古したのだとか。そのときに役に立ったのがバスケットボールだったという。
「そうなんです。何か得意なスポーツはあるかと聞かれて、バスケと答えたら次の稽古にはバスケットボールが用意されていて。殺陣のときの腰の落とし方とバスケの(ドリブル時の)姿勢が似ているんです。最初は『腰を落として』って言われてもピンとこなかったけれど、バスケの感覚をつかんでからは『この感覚か!』と、しっくりきました」。

「自分の演じる役を愛し、いつも全力でありたいんです」

初挑戦とは思えない華麗な殺陣を披露し、十人斬りもスタントなしでこなしてみせた。この作品を観てアクション映画のオファーが舞い込むということも大いにあり得る。本人も「そうなったら嬉しいですね! もしも『ICHI』がシリーズ化されるとしたら、もっと殺陣のシーンを多くしてほしい(笑)」と、意気込む。日本のアクション・ヒロインの誕生だ。

撮影前の事前準備に多くの時間を割いた綾瀬はるか。盲目の演技にも苦労があったと語る。
「殺陣のシーンは目をつぶらなくてはならないんですが、恐さのあまりチラッと目を開けてNGになったこともあります。目は動かさずに顔だけ動かすのか、それとも一緒に動かすのか、いろいろ研究しました」。感情を封じ込め、無を意識した目の演技も見どころと言えるだろう。

「自分の演じる役を愛し、いつも全力でありたいんです。例えば『ICHI』は1年前に撮影をしているので、いまの自分から見るとまだまだだな、と思うこともある。でも、1年前の22歳の綾瀬はるかは全力で市を演じたと胸を張って言えたら、どんなに年を重ねてもそのときの自分の演技に納得できると思うんですよね」。将来の展望を聞いたときに返ってきた言葉だ。天性の役者であることに間違いはないが、それ以上に、少しでも前進したい、自分を起用してくれる監督の想いに応えたいという自分自身に課す期待が、彼女をより成長させているのだと実感した。ちなみに今後やってみたい役を尋ねると、『キューティ・ブロンド』でリーズ・ウィザースプーンが演じたような、周りに元気を与えられる役を演じてみたいとキラキラした笑顔で話してくれた。未知数の女優・綾瀬はるかのこれからが楽しみで仕方ない。



【“めった斬り”キャンペーン実施中!】
『ICHI』公式サイトでは現在、5サイト連合“めった斬り”キャンペーンを実施中! 各サイトに設置されたクイズに答えてスペシャル映像を見よう!

シネマカフェからのクイズはこちら
市の特技は次のうちどれ?
a. 琴 b. 三味線 c. 尺八 

解答は公式サイトにて!!
ICHI』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/ichi/
《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top