舞台挨拶で漫才! 小池徹平、感謝の手紙は「ハゲの西野へ」

最新ニュース

『ホームレス中学生』初日舞台挨拶。(左から)田村裕(麒麟)、池脇千鶴、小池徹平、西野亮廣(キングコング)、古手川祐子、古厩智之監督。
  • 『ホームレス中学生』初日舞台挨拶。(左から)田村裕(麒麟)、池脇千鶴、小池徹平、西野亮廣(キングコング)、古手川祐子、古厩智之監督。
  • 『ホームレス中学生』初日舞台挨拶にて 小池徹平。
  • 『ホームレス中学生』初日舞台挨拶にて 西野亮廣。
近所の公園の滑り台、通称“まきふん”で雨露をしのぎ、野良犬と縄張り争い。お腹が空いたらダンボールをかじり…。漫才コンビ・麒麟の田村裕による自伝小説として発売され、その衝撃的な“ホームレス”生活の内容が話題を呼んだ「ホームレス中学生」が映画化! 10月25日(土)に公開初日を迎え、主演の小池徹平、西野亮廣(キングコング)、池脇千鶴、古手川祐子、古厩智之監督と原作者の田村さんによる舞台挨拶が行われた。

小池さんは「みなさん、今日はありがとうございます。無事に初日を迎えられて嬉しく思っています」と挨拶。小池さんのひと言ひと言に、西野さんや田村さんらは、いちいち「よっ!」、「ハイっ!」などの合いの手を入れて場を盛り上げた…というより明らかに邪魔をしていた。

続いて西野さんが挨拶に立ったが、池脇さんはおもむろに、自分の持っているマイクをたたいて音声チェック。田村さんもわざとらしくゴホゴホと咳き込み、西野さんにしゃべらせまいとする。小池さんはおとなしくしているかと思いきや、さりげなさを装いつつ、西野さんが話し始めてからずっと西野さんの靴を踏んでいた…。小池さんから「(西野さんは)特に“先輩”という感じじゃないですね。うるさい兄ちゃんと言うか…」とあっさり言われてしまった西野さん。それでも、数々の妨害にもめげずに西野さんは「こんなことになってますが(笑)…みなさん、愛してます!」と呼びかけ歓声を浴びた。

池脇さんは自分の挨拶の番が来ると、「ちょっと黙っててくれる?」と騒ぎ立てる西野さんらをピシャリと制した。そして、少し照れくさそうに小池さんの足を踏んづけてから挨拶を開始。「これまでいろいろなところでこの映画をPRしてきましたが、今日で最後となりました。我が子を手放すような気持ちです」と感慨深げに語った。

田村家三兄妹の母を演じた古手川さん。劇中では3人が子供の頃に死んでしまうため、現場で直接からむことはなかったが「私が死んだ後、この子たちはこんな風になっちゃいました(笑)。私は子役たちとの共演で良かったです!」と晴れ晴れとした表情で語った。古厩監督もこれに頷き、3人と古手川さんの間を指差しながら「ここには見えない境界線がありますよね!」と満面の笑みを浮かべたが、見捨てられた3人は心外そうな表情。

小池さんはこの日、感謝の気持ちを込めて、西野さんと池脇さんに手紙を書いてきており、みんなの前で朗読してくれたが、出だしは「池脇さん、ハゲの西野へ」。すかさず西野さんが「待てや!」と突っ込むが、それを見越していたかのように小池さんの手紙は「やっぱり、突っ込みましたね」と続き、会場からは大きな拍手が。芸達者な小池さんにさすがの西野さんも脱帽。小池さんが「西野さんがうるさくて、大御所の役者さんに怒られたことも、池脇さんがオッサンみたいになっていることもありました」と暴露しつつも「西野さんが現場にいるとそれだけで盛り上がり、池脇さんは本当の姉弟のように接してくださいました。こんなに待ち時間が短く思えた現場は初めてでした」と語ると西野さんも池脇さんも、少し涙腺が潤んできた様子。3人に向けて会場からは温かい拍手が贈られた。

この温かい雰囲気を最後の最後でぶち壊してくれたのが田村さん。「今日から映画の業績がどんどん伸びて、僕のところにどんどんお金が入ってくることを願っています!」と語り、ほかの登壇者のひんしゅくを買っていた。こうしてお笑いライヴのような初日舞台挨拶は幕を閉じた。

『ホームレス中学生』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top