次回作に出演? ジョイマン乱入「ダンシング!」にギレルモ・デル・トロ監督困惑

最新ニュース

『ヘルボーイ』来日記者会見。ギレルモ・デル・トロ監督を囲むジョイマンの2人。
  • 『ヘルボーイ』来日記者会見。ギレルモ・デル・トロ監督を囲むジョイマンの2人。
  • ヘルボーイの腕を装着してご機嫌のギレルモ・デル・トロ監督。
  • スペシャルゲストとして来場したジョイマンの高木晋哉と池谷和志。
真赤な肌に折れた2本の角、そしてサムライのようなチョンマゲ頭と、数あるアメリカンコミックのヒーローの中でもひときわ異彩を放つ容貌を持った、あの男が帰ってきた! 2004年に製作された『ヘルボーイ』に続くシリーズ第2弾『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』が2009年1月9日(金)より公開される。これに先駆け前作に引き続きメガホンを取った鬼才、ギレルモ・デル・トロが来日し、10月30日(木)に記者会見が開かれた。

4度目の来日となった監督は「洋服のほかに、おもちゃを入れて帰るための空のスーツケースを一つ持ってきました(笑)」とご機嫌な様子。本シリーズのみならず『パンズ・ラビリンス』、『ブレイド2』などで様々な“モンスター”や“クリーチャー”を描いてきた監督だが「モンスターは、どこか人間とは異なる精神世界を象徴する存在なんです。人によってはそれは神や天使なのかもしれませんが、僕にとってはモンスターなんですね(笑)。ちなみに一番好きなモンスターはフランケンシュタインです」とその思いを語った。前作『ヘルボーイ』との違いについては「前作でのヘルボーイは、モンスターをたたきのめして生活の糧を得るというスタイルで、完全に人間の側に立っていました。ところが今回、敵であるはずの魔界のヌアダ王子の言葉に『実はこちらの方が正しいのではないか?』と心を揺さぶられます。その結果、彼は人間、モンスターどちらの側にも付かないことを選ぶんです」と語った。

「一体どうやってこうしたモンスターたちを創造していくのか?」という質問には、ノートを持った手を高く掲げ「常にこれを持ち歩いていて、何か思いついたらメモやイラストで書き留めておくんです。自宅のほかにアトリエがあって、そこはいろんな本やおもちゃ、DVDで埋め尽くされていて、そこにはモンスターたちもいるんですが(笑)、普段は一日中そこにこもって創作してるんです」と明かしてくれた。さらに監督は、日本のアニメや漫画から受けた影響についても言及。「子供の頃は、手塚治虫のアニメが大好きで、TVにかじりついていましたし、宮崎駿に高畑勲、押井守、大友克洋などの作品は“ジャパニメーション”ブーム以前から見ていました。それから、アニメだけでなく日本発のゲームの影響もかなり大きかったです」と興奮気味にまくし立てた。

この日の会見には、スペシャルゲストとしてジョイマン(高木晋哉・池谷和志)の2人も登場。いつもは白いシャツでTVに出演している高木さんだが、この日はヘルボーイに合わせて真赤なシャツ姿で、右腕は筋肉モリモリのヘルボーイ仕様。ヘルボーイとデル・トロ監督をネタにしたラップネタを披露し会場を盛り上げた。監督はいまいち事情がつかめないようだったが、高木さんの「ダンシング!」という言葉に合わせて笑顔でステップを踏んでいた。映画についてはデル・トロ監督作品の大ファンという池谷さんは「『ブレイド2』が大好きなんですが、本作も銃撃シーンやアクションシーンでの銃や剣のさばき方が日本的で素晴らしいです!」と太鼓判。高木さんは「ヘルボーイがお酒を飲んで歌うシーンがすごく気に入りました。僕も酒飲んでラブソングを歌うので(笑)」と冗談交じりに絶賛した。さらに高木さんは「僕は特殊メイクなしでも大丈夫ですので、次の作品にぜひ出演させてください!」と監督に直談判した。この申し出を監督は快諾し「君のキャラクターを生かして5本は撮れるよ。ただし、(映画に登場する)死の天使みたいに顔は全て隠したままでね(笑)」と語り会場の笑いを誘った。

『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』は1月9日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top