スカーレット・ヨハンソン、夫婦でチャリティ・イベントに出席 ほか多彩な顔ぶれも

最新ニュース

パーキンソン病患者を支援するチャリティ・イベントに出席したスカーレット・ヨハンソン -(C) AFLO
  • パーキンソン病患者を支援するチャリティ・イベントに出席したスカーレット・ヨハンソン -(C) AFLO
パーキンソン病の研究を支援するマイケル・J・フォックス基金のためのチャリティ・イベント「A Funny Thing Happened on the Way to Cure Parkinson's 2008」が5日、シェラトン・ニューヨーク・ホテル・アンド・タワーズで開催された。

自身もパーキンソン病で闘病中のマイケル・J・フォックスがギターを手に、初の単独来日公演を来週に控えたイギリスの伝説的バンド、ザ・フーと共にステージに上がり、熱のこもった演奏を披露した。

一方、ベン・スティラー、ケヴィン・クライン、マーティン・スコセッシらと共に壇上でスピーチを行ったのはライアン・レイノルズ。会場には、先日ライアンと結婚したばかりのスカーレット・ヨハンソンも姿を見せた。前日の大統領選の結果について、オバマ氏支持のスカーレットは大喜び。「彼のポジティブな姿勢をずっと信じてきたわ。一般市民の1人1人が自分の声を政治に届けようと行動したことを誇りに思う」と語っている。



©AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top