ローサ、チュートリアル徳井と恋愛の可能性は? 「発展することはない(笑)」

最新ニュース

『天国はまだ遠く』舞台挨拶(左より)徳井義実、加藤ローサ、福田充徳
  • 『天国はまだ遠く』舞台挨拶(左より)徳井義実、加藤ローサ、福田充徳
  • 『天国はまだ遠く』 徳井義実
  • 『天国はまだ遠く』 加藤ローサ
日本三景の一つ、天橋立でも知られる京都・宮津市を舞台に、加藤ローサと人気お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実が繰り広げる、心温まる恋愛ファンタジー『天国はまだ遠く』。本作が11月8日(土)に公開初日を迎え、加藤さんと徳井さん、長澤雅彦監督、そして緊急参戦で徳井さんの相方であり本作にも出演している福田充徳による舞台挨拶が初回上映後に行われた。この日のために宮津から美女三人衆“プリンセス天橋立”も観客を出迎え、イベントは盛況にスタートした。

女性客を中心とした満席状態の中、キャストが劇場の袖から登場すると黄色い歓声が飛び交った。徳井さんは、この盛況ぶりに驚きながらも「今日は軽く小雨もぱらついて、別にそれは大したことないんですけど、本当にありがとうございます。お金払って来ていただいてるんですよね?」と早速、ボケの挨拶。本作で映画俳優デビューを果たした徳井さんだが、福田さんはその演技を「すごい才能があふれ出てました!」と大絶賛。これには徳井さんが「福田さんは本編観ていないんじゃないかと…」と疑いをかけると、「いい加減にしてくださいよ! あのカーチェイスとか海に溺れちゃったシーンとかすごかったじゃないですか!?」と福田さんはあからさまなでっちあげで反論、息ぴったりのボケツッコミが会場の爆笑を誘った。

この日は観客とキャストによる質疑応答が行われたが、中には北海道から来たという女性ファンも。しかしその女性、主演の徳井さんではなく福田さん目当てで来たようで、すかさず福田さんは「金の使い方下手やな〜!」と鋭いツッコミ。演技で苦労した点を聞いてみると、徳井さんは「普段はバラエティで女性に触れることもないので、加藤さんを後ろから抱くシーンは緊張して手が固まりましたね。森三中ならなんぼでも抱けるんですけど」とのお答え。福田さんは「クランクインからまさかの30分でクランクアップだったのでね(笑)。唯一苦労した点は、共演の板東(英二)さんのどうでもいい話を必死に聞くというところですね。そこを踏まえて観ていただければ」とアピールした。

一方、観客と一緒に映画を観ていたという長澤監督は「みなさんにすごく笑っていただいたり、見入っていただいたりしてすごく感激しました」と感動を語った。

ヒロイン・千鶴役の加藤さんは「こんなにたくさん来ていただけて安心しました。本当に嬉しいです!」と喜びを見せた。観客から、男性として徳井さんの印象を尋ねられると、少し困った表情を浮かべ、「徳井さんとは初共演でしたが、気を遣うこともなく、会話で盛り上がることもなく、いきなり家族や兄妹みたいな感覚で接していただいてたので、ここから恋愛に発展することはなさそう…」と丁寧に恋愛の可能性を否定。すると徳井さんは「加藤さんは、僕の横で大の字になって寝てたしね(笑)。でも恋というのは分からないですからね、加藤さん自身が徳井に対して、好きになってはいけないというブレーキがかかってるかもしれないけど、それをとっぱらっちゃって告白してくれても全然いいですよ」となぜか自信満々でアピールし、再び会場の笑いを誘った。そして最後に、加藤さんから観客へ「みなさんが明日からがんばろうと思っていただければ嬉しい」と語られると、会場からは温かい拍手がわき起こった。

『天国はまだ遠く』はシネセゾン渋谷ほか全国にて順次公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top