古田新太「人をぶっ殺せる役は大好き!」 待望の初主演作『小森生活向上クラブ』公開

最新ニュース

『小森生活向上クラブ』初日舞台挨拶(左より)片嶋一貴監督、古田新太、栗山千明、忍成修吾
  • 『小森生活向上クラブ』初日舞台挨拶(左より)片嶋一貴監督、古田新太、栗山千明、忍成修吾
職場にも家庭でもしがない中年サラリーマン、小森課長がある事件を境に、ストレスを爆発! 正義の代弁者として世にはびこる悪に制裁を下していく姿を描いた、ブラックユーモア満載のコメディ『小森生活向上クラブ』。古田新太待望の映画初主演の本作が11月8日(土)に公開初日を迎え、初回上映前の舞台挨拶に、古田さん、栗山千明、忍成修吾、片嶋一貴監督が登壇した。

不適な笑みで殺人鬼に暴走していく小森を怪演した古田さんは、「ものすごくきちがいな作品に仕上がってます。それもこれも監督のせいなんで(笑)、我々のせいではないです」と挨拶。初主演に抜擢された感想を尋ねると、「台本読んだときはすごく面白くて、こんなこと映画でやっちゃうんだと思ったのですが、とにかく興行的に大丈夫なのかと、それオンリーです」と自虐的に語り、笑いを誘った。片嶋監督にはその抜擢理由を「人を殺しそう」と言われながらも、小森に共感は出来ないと言いきった古田さん。「僕は本当にストレスがかからない人なんです。毎日、酒飲んで酔っ払いながら仕事してるので。特に、小森課長みたいに人をぶっ殺せる役は大好きなので(笑)」と、ストレス知らずという点でも小森課長とは一線を画すようだ…。

原作「小森課長の優雅な日々」(双葉社)の過激なブラックユーモアを見事映像化させた片嶋監督は、「清く正しく愛される映画を作ろうと思いましたが、失敗しました(笑)。人間の不可侵さみたいなものが伝わればと思って描きました」とこちらも自虐的な作品アピール。さらにこの日、原作者の室積光も駆けつけ、「原作より映画の方がおもしろいので、今日も観たいと思ってたんですが、満員なので帰ります。素晴らしいキャストでキャラクターのイメージを提示していただいたと思ってます」と映画を絶賛した。

男たちを束ねる魔性の部下・静枝役の栗山さんは「いままで女っぽい役があまりなかったので、今回は色気を出そうとがんばりました」と告白。現場の様子を聞くと「明るくダークな現場ですごく楽しかったです。テストと本番で同じセリフでも毎回新鮮で、そのたびに笑いをこらえてました」と楽しそうにふり返った。小森信者と化す部下・北沢役の忍成さんも「古田さんのリアクションがおもしろくて笑っちゃうことが多かった。とても真似できないです」と古田さんに尊敬の眼差しを向けた。ちなみに、2人にもストレスについて聞いてみると、栗山さんは「音楽をガンガンにして踊ったり、こういう映画を観てスカッとします」。忍成さんはのんびりとした口調で「僕は寝れれば…」とこぼすと、笑いが起きた。

古田さんが「小森はバンバン人を撃ち殺すので、スカッとしすぎて、くれぐれも街で人を殺さないようにしてください。“ふざけんな!”と思っていただければ幸いです」とお薦めする『小森生活向上クラブ』は渋谷シネ・アミューズほか全国にて順次公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top